錦織圭の「衰え」指摘する声
「格下」相手に完敗続く

印刷

   これまで怒涛の快進撃を続け、アジア人男子テニス選手として史上最高の「4位」までのぼりつめた錦織圭選手(27)。

   しかしビッグタイトルを目前にし、「衰え」を指摘する声が少なくない。

  • 錦織選手(2014年9月撮影)
    錦織選手(2014年9月撮影)

世界ランク降格の見通し

   2017シーズンはけがの影響もあり、格下相手に敗れる試合が目立つ。

   2月19日(現地時間、以下同)のアルゼンチン・オープンでは決勝まで進み、相手は世界ランク66位(数字は当時、以下同)のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)。格下相手で今季初タイトルは確実視されていたものの、6-7(4)、4-6とストレートで敗退。16年4月のマイアミ・オープンからこれでツアー決勝「6連敗」。勝負時にことごとく試合を落としている。

   2月21日のリオ・オープン初戦では、世界ランク76位のトーマス・ベルッチ(ブラジル)に4-6、3-6とまさかの大波乱。第1セットを奪われた直後、錦織はコートにラケットを叩きつけてへし折るなど珍しく怒りをあらわにした。

   3月17日のBNPパリバ・オープン準々決勝では、世界ランク18位のジャック・ソック(アメリカ)に3-6、6-2、2-6とミスを連発で敗退。試合中にやや肘を気にする仕草を見せる。

   3月29日のマイアミ・オープン準々決勝では、世界ランク40-位のフォビア・フォニーニ(イタリア)に4-6、2-6と、右手首のけがが悪化したこともあり4強を逃した。次回発表の世界ランクは4位から7位に落ちる見通しだ。

ネットの反応は...

   3月29日のマイアミ・オープン戦後、ツイッターには、

「もう27だし、そろそろ衰えが始まってもおかしくない」
「ただでさえ衰え感じるのに怪我も頻繁じゃきついなー」

と厳しい意見が目立つ。

   中には、

「錦織に望むのは思い切った長期休暇。身体全快のためならクレー全休して1200P落としてもいい」
「チャンコーチではもう限界が来てるんじゃない?」

といった指摘も挙がった。

   世界ランキングが錦織より上の3人、マレー、ジョコビッチ、ワウリンカはいずれも錦織より年上。錦織にとって、まだ「衰え」の言葉を聞くのは早いのだが...。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中