清原和博と親交の石橋貴明が重い口開く 初めて語った「叱咤」「激励」の中身

印刷

   2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた元プロ野球選手・清原和博氏(49)。

   清原氏と親交の深かったお笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(55)は事件以来、清原氏についてメディアで語ることは無かったが、ついに重い口を開いた。

  • 清原氏
    清原氏

「笑って話せる日が来て欲しい」

   17年4月6日放送の番組「石橋貴明のスポーツ伝説...光と影」(TBS系)

   番組は、テレビ番組やCMで清原氏とたびたび共演し親交のある石橋が、清原氏の関係者にインタビューをするという内容だ。

   そのうちの一人が、元プロ野球選手の田子譲治氏(53)だった。

   田子氏は、81年にロッテオリオンズ(現・千葉ロッテ)に投手として入団。90年に現役引退後は、読売ジャイアンツで打撃投手をつとめる。この時、清原氏の専属打撃投手となり、周囲からは「清原の恋人」ともいわれていた。

   田子氏は清原氏について、

「人を裏切った辛さとか孤独がこれからあると思う。ただし、それに負けないで人として時間をかけて立ち直ってほしい」

とエールを送り、

「十分周りから必要とされる人物なので、笑って話せる日が来て欲しい」

と、清原氏の「復活」を望んだ。

過去には薬物からの復活例も

   番組の終盤には、石橋も清原氏について、一言ひとことを噛みしめるように語った。

「野球はあんなに上手なのに生き方が下手なんだなって思う。もう少し自分がここまで築き上げた人生を丁寧に基本に忠実に歩んでいって欲しい」

と、沈痛な面持ちで本音を漏らす。

続けて、

「もうやってしまったことは、しょうがないから、これからの清原選手の頑張りを僕らは応援していくしかない」

と前を向いた。

   過去に薬物に手を染めた球界OBでも、復活を果たしたケースはある。阪神のエースとして活躍した江夏豊氏(68)だ。1993年に覚醒剤所持で逮捕され、実刑判決を受けたが、15、16年に阪神の臨時キャンプコーチに抜擢された。とはいえ、逮捕から20年以上も後になってからのことだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中