2020年 8月 5日 (水)

お金はなくてもヒットは生める! アイデア勝負の人気「遊園地」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   2017年4月1日、話題の新テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が、名古屋の金城ふ頭ににオープンした。オープン当日は行列ができるなど、話題を集めている。

   あと20日あまりでやってくるゴールデンウィークに向け、テーマパークで遊ぶ予定をたてている人も多いのではないだろうか。今回は、遊園地の歴史や経済、写真集など、さまざまな側面で遊園地通になれる3冊を紹介する。

    J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

資源はアイデア! 成功するカギは必ずどこかにある

『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』(著・森岡毅 KADOKAWA)
『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』(著者:森岡毅 KADOKAWA)

   ハリウッド映画のテーマパークとして2001年に大阪に誕生したユニバーサル・スタジオ・ジャパン。初年度こそ年間1100万人を集めたが、それ以降は集客が伸びず、2009年度は700万人台にまで減ってしまった。このピンチをどう乗り越えるのか!?

   窮地にあったユニバーサル・スタジオ・ジャパンを見ごとにV字回復させた立役者の森岡毅氏が、『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』(KADOKAWA 691円)で、その全貌を公開している。

   森岡氏は、2010年、ユー・エス・ジェイに入社。革新的なアイデアを次々投入し、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを見ごとにV字回復させた。2012年よりチーフ・マーケティング・オフィサー・執行役員・マーケティング本部長を務め、2017年1月末にユー・エス・ジェイ を退社。

   本書では"後ろ向きに走るジェットコースター"など奇抜なアイデアでヒットを連発した、その発想の技術を学ぶことができる。

   「金がない、さあどうする?アイデアを捻り出せ!」「ターゲットを疑え!取りこぼしていた大きな客層」「アイデアの神様を呼ぶ方法」など全7章。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!