松坂大輔、11年ぶり1軍先発 「怪物復活」「客寄せパンダ」と意見二分

印刷
99年「新人王」、01年「沢村賞」、03、04年「最優秀」、99、00、01年「最多勝利」、00、01、03、05年「奪三振」、99、00、01年「ベストナイン」、99、00、01、03、04、05、06年「ゴールデングラブ」――。

   栄光をほしいままにしたかつての「怪物」、福岡ソフトバンクの松坂大輔(36)が、11年ぶりに1軍先発のマウンドにあがる。

  • ソフトバンクホークスの選手紹介ページより
    ソフトバンクホークスの選手紹介ページより

引退説もささやかれた

   松坂投手は17年4月15日のオリックス戦へ先発する可能性が浮上している。先発ローテーションをつとめる和田毅投手(36)が左肘の張りのために出場選手登録を外れたため、「代役」として白羽の矢が立った。スポーツ紙各紙が報じた。

   松坂投手がここまでくるには、数々の「試練」があった。米大リーグから15年に3年総額12億円(推定)の大型契約でソフトバンクに入団した松坂。しかし、同年8月の右肩手術の影響で、1年目はまさかの1軍登板なし。

   16年10月の楽天戦で、やっと1軍の舞台に立つも、四球、死球、死球、押し出し四球...3連続タイムリー。8回に救援登板するも、1回を3安打、4四死球、5失点。味方も相手も言葉を失い、「引退説」もささやかれた。

   松坂は、この悲惨な結果もあり、今季のオフシーズンは徹底的に自分を追い込んだ。各球団の若手を中心に派遣される米自治領プエルトリコでのウインターリーグ(WL)で「武者修行」を敢行。WLでは4試合に先発し、0勝3敗、20イニングを防御率2.70だった。

   その後は、200球以上もの投げ込みや、10キロちかい減量など、徹底的に己を磨いた。

ソフトバンクの「盤石すぎる」先発陣

   その成果もあり、オープン戦では、4試合18イニングを投げ1勝0敗、防御率2.95との成績を残す。圧巻は、3月25日の広島との一戦。先発を任されると、7回を投げ無安打無失点と好投し、開幕ローテーション入りを猛アピールした。

   しかし、開幕からの1軍入りはならず、2軍で調整を続けていた。

   今回の1軍先発初登板を受けて、ツイッターやネットの掲示板では、

「オープン戦最後の方の投球ができれば20勝余裕やろなぁ...」
「今痩せて股関節の動きそこそこ良くなってるから楽しみ」
「ついに平成の怪物の復活やぞ」

と、期待する向きがある一方で、

「4回3失点5四死球」
「予想、大炎上!」
「ただの客寄せパンダにならなければいいが...」

と冷ややかな声も少なくない。

   ソフトバンクは、和田毅(36)、東浜巨(26)、中田賢一(34)、バンデンハーク(31)、千賀滉大(24)、武田翔太(24)と盤石の先発ローテーションが確立している。さらには、実績十分な攝津正(34)や大隣憲司(32)、黄金ルーキーの田中正義(22)も控える。

   「平成の怪物」は立ち直れるのか。そして先発ローテーションに食い込めるのか、注目が集まる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中