「家を買うと転勤になる」という都市伝説は本当!? 不動産情報サイトの調査で衝撃の事実が

印刷

   マイホームを購入した直後、直後に遠方への転勤を命じられた――。社会人なら聞いたことのある都市伝説だ。春や秋は転勤シーズン。

   2017年3月下旬のツイッターには

「家を買うと転勤させやすくなると聞いた」
「家買って一ヶ月、子供が産まれた月に地方へ転勤になった人がいたなぁ...」
「我が家で実際にあった話だから妙な説得力がある」

といったつぶやきが相次いで投稿された。

   不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイル(東京都中央区)は、「『家を買うと転勤になる』という都市伝説の信憑性」をテーマにアンケートを実施し、17年4月11日に結果を発表した。

   転勤経験者は全体の33.7%を占め、その半数が転勤前に「住宅購入経験あり」と回答。そして全体の3人に1人が「家を買うと転勤になると思う」と答えたことが明らかになった。

憧れのマイホームを買った直後に...(写真はイメージ)
憧れのマイホームを買った直後に...(写真はイメージ)

持ち家がある転勤経験者の4割「購入後まもなく辞令」

   アンケートは、17年3月2日~4月6日の36日間、「スマイスター」を利用したことのある20代以上の男女582人を対象にインターネットで実施された。

   最初に「転勤経験の有無」を聞いたところ、「ある」「自分ではないが配偶者(パートナー)にある」は196人(33.7%)だった。

スマイスター調べ
スマイスター調べ

   その196人に「転勤前の居住状態」をたずねたところ、「持ち家(集合住宅)」と「持ち家(戸建て)」の合計は100人(51.0%)で、「賃貸(マンション・アパート・戸建て)」「社宅・官舎」「実家」の合計を上回った。

スマイスター調べ
スマイスター調べ

   さらに「その住宅は、転勤時の何年前に購入したか?」と持ち家の100人に聞いたところ、「1年未満」が14.0%、「1~3年」が26.0%と、不動産購入者の実に4割が「3年以内」に転勤していることが判明した。

スマイスター調べ
スマイスター調べ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中