多彩な可動ギミックで「ウェイブライダー」形態やライフルを抱え込む射撃姿勢など再現...「HGUC Zガンダム」

印刷

   バンダイは、アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデル「ガンプラ」が2020年に発売40周年を迎えるのに向け始動させる「ROAD TO GUNPLA 40th ANNIVERSARY 『GUNPLA EVOLUTION PROJECT』」第1弾、「HGUC 1/144スケール MSZ-006 ゼータガンダム」を、2017年4月22日に発売する。

  • 変形に加え様々なポージングも意のままに
    変形に加え様々なポージングも意のままに

既発の1/144スケール・Zガンダム最大の可動域

   1985年放送の「機動戦士Z(ゼータ)ガンダム」に登場する可変モビルスーツ・ゼータガンダムを、最新の設計技術と新規金型で製作。

   各形態でのベストなプロポーションと、「ウェイブライダー(航空機形態)」への差し換え変形機構を採用する制約がある中、劇中イメージに近いポージングを実現。同社がこれまで発売してきた1/144スケールのゼータガンダムでは再現できなかった可動域でのアクションを追求した「HG(ハイグレード)」として開発したという。

   前後に加え上下の可動も実現した肩部、ボールジョイントパーツを採用し回転や前後に可動する腹部など、各所に内蔵した可動ギミックにより、ライフルを抱え込み射撃する姿勢をはじめ様々なポージングを実現している。

   価格は1800円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中