80才、加山雄三の新世界
ヒップホップあり、アイドルあり

印刷

   加山雄三が80才になった。1937年4月11日生まれである。

   とは言っても世間一般、誰もが想像する80才とは天と地ほどの違いがある。外見はもちろん、行動や発想。どれを取っても比較の対象が見つからない。

   筆者がナビゲーターをつとめるFM COCOLOの「J-POP LEGEND FORUM」は、毎月一人のアーテイストや一つのテーマを1か月間特集している。4月の月間アーテイストとなった加山雄三は、インタビューで「若さの秘訣」というあまりに素朴な質問に苦笑いしながら「睡眠。そして、食事の間に4時間は空けることくらいかな」と言った。

   もちろん、それだけで彼の若々しさが保たれているわけではない。

trend_20170417102521.jpg

ももクロとコラボも

   2014年、彼は、The King All Starsという新しいバンドを結成した。77才、喜寿の時である。メンバーは彼を入れて13名。いずれもロックファンなら知らない人はいないと思われるバンドの中心人物ばかりだ。しかも最年少メンバーとは48才も年齢差がある。音楽のジャンルもロックやジャズ、ラッパーもいる。まさに今のロックシーンを切り取ったような顔ぶれ。バンドの名前は、彼が敬愛するエルビス・プレスリーが「ロックの王様」だったこととそれぞれのメンバーが一国一城の主であり、トランプで言えば"King"のような存在ばかりだから、ということからついた。

   その結成の動機について、「フェスに出てみたかったんですよ」と彼は言った。

   フェス。ロックフェスである。若者が集まり、野外でロックを楽しむ。そこに出たかった、というのである。集まったメンバーは、どれもフェスで人気のバンドから選ばれた。2014年にインデイーズからアルバム「ROCK FES」を発売、翌年、メジャーデビューアルバム「I SIMPLE SAY」を発売した。78才のデビューアルバムである。

   それだけではない。77才から78才にかけて日本武道館を皮切りに全都道府県ツアーを全53本行った。どれも45曲、2時間半。しかも彼は「やらないと不安だから」と全曲のリハーサルをしてから臨んでいた。声量や声の艶には誰もが驚かされたはずだ。

   そして、今年、3月には何と、ヒップホップ系のミュージシャンが主体の「加山雄三の新世界」を発売した。彼の名曲のオリジナル音源を若いアーテイストが解釈して作り直す。その中には人気アイドルももいろクローバーZや今売り出し中の水曜日のカンパネラなどの90年代生まれもいる。病と闘うラッパーの大御所、ECDが病室を抜け出してレコーデイングした曲もある。ヒップホップやジャズ、どんなに大胆なアレンジを施しても自然体のメロデイーは瑞々しい。それはまさに「新世界」だった。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中