ポカリスエットの新テレビCMが放送開始 八木莉可子と300人のダンスシーンに「これぞ青春!」

印刷

   大塚製薬のイオン飲料「ポカリスエット」のテレビCMは、これぞ青春!と呼べるようなシーンを切り取った映像作品で、世代を問わず好感度が高い。例えばツイッターには、「ポカリのCM青春感いいね。」「ポカリのダンスのCMいいな。なんか元気が出るよね。」といった声が寄せられている。

   2017年4月14日、今年度のブランドCM第1弾「踊る始業式」篇が全国で放送を開始した。モデルで女優の八木莉可子さん(15)が、昨年に引き続きイメージガールを務める。

  • 八木莉可子さん
    八木莉可子さん
  • 「踊る始業式」篇の1シーン
    「踊る始業式」篇の1シーン
  • 「踊る始業式」篇の1シーン
    「踊る始業式」篇の1シーン
  • 「踊る始業式」篇のメイキング映像
    「踊る始業式」篇のメイキング映像
  • 「踊る始業式」篇のメイキング映像
    「踊る始業式」篇のメイキング映像

「踊る始業式」篇のヒロインは本物の高校1年生

   ポカリスエットブランドのメッセージは「自分は、きっと想像以上だ。潜在能力をひき出せ。」。学校の始業式を舞台に描く「踊る始業式」篇では、昨年の「エール」篇、「サンクス」篇よりも難易度の高い振り付けに、八木さんと約300人のダンサーが挑んだ。

   ヒロイン役の八木さんはこの4月に高校生になったばかり。今回のCMは等身大の姿をとらえた映像作品でもある。彼女を中心におよそ300 人の生徒が、手を打ち、足を踏み鳴らして合唱をしながら踊り始める。男子と女子、交互に並んだ列が互い違いにダンスを披露。ボディパーカッションと重なっていく。

   ところで今回のCM には、今年2月に募集したコンテスト型SNSキャンペーン「#ポカ動 すごい!青春一発動画」の受賞作品の中から、15 作品が随所にインサート(挿入)されている。春の季節らしいはじまりの期待、友情、恋の予感、じゃれあい――。動画1つひとつは短いものの、CMにリアル感を注入している。

   映像は大人数のダンスシーンに戻る。舞台は体育館から水の入っていない屋外プールへ。プールのまわりの教員や保護者らが、若者たちを鼓舞するように一斉にブルーの粉を投げ入れる。ブルーに染まる世界で一心不乱に踊る八木さんと学生たち。一瞬、教会で洗礼を浴びているかのように見える。

   ラストシーン。ワクワクする青い気持ちが炸裂したのか、喜びを体いっぱいで表現する。手を挙げてジャンプしたり、周囲の人と抱き合ったり、健闘を称えあったり――。何かに夢中になり、仲間とまっすぐにそれをやり遂げようとする若者の姿は美しい。ポカリスエットは、「自分は、きっと想像以上だ。潜在能力をひき出せ。」と、学生たちにエールを贈る。

   「踊る始業式」篇は15秒・30秒・60秒の3パターン。いずれもYouTubeの大塚製薬公式チャンネルで公開されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中