2020年 7月 4日 (土)

誰かに言いたくなる「銀座」解体新書 明治の歴史から文化人が愛した名店まで

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   2017年4月20日、東京・銀座6丁目にあった松坂屋銀座店の跡地に「GINZA SIX」がオープンした。

   地上13階に地下6階と、銀座エリア最大級の複合商業施設で、日本初出店が11店、新業態65店を含む241のテナントが出店し、注目を集めている。銀座という街は古くから息づく歴史とトレンドの最先端が共存する場所。今回は、銀座の歴史や、通だけが知る粋な遊び方など、さまざまな角度から「銀座」に迫る3冊を紹介する。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

池波正太郎流 粋な銀座の過ごし方

『池波正太郎の銀座日記(全)』(著者:池波正太郎 新潮社)
『池波正太郎の銀座日記(全)』(著者:池波正太郎 新潮社)

   1955(昭和30)年に創刊された日本で第1号のタウン誌「銀座百点」で、作家の池波正太郎氏が8年間にわたり、日常を淡々と綴った連載を1冊にまとめた『池波正太郎の銀座日記(全)』(著者:池波正太郎 新潮社 853円)。健啖家で、週に何度となく銀座に通い、映画を見たあとに馴染みの店や新しい料理屋を見つけては足を運んだ。そこで出会った味や、人々は、著者の旺盛な創作力の源であったという。

   「池波正太郎の銀座日記(カンペールのクッキー、痛風で銀座遠し、思い出のトロワグロ ほか)」「池波正太郎の新銀座日記(菊池寛賞の授賞式、出さなかった年賀状 ほか)」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!