「強じゃない、超炭酸なんだ!」 新キリンメッツグレープフルーツ飲んでみた

印刷

   キリンビバレッジは2017年4月25日から、強炭酸を前面に打ち出した「キリン メッツ グレープフルーツ」をリニューアルする。

   ひと足先に記者が、飲み比べてみた。

(左)リニューアル前(右)リニューアル後
(左)リニューアル前(右)リニューアル後

   「キリン メッツ グレープフルーツ」は「強炭酸」と「グレープフルーツ」のはじけるさわやかさが特徴の炭酸飲料。

   今回のリニューアルでは、果実感を大幅に改善し、苦みや酸味など、よりリアルな「果実感」を追及した。また、「炭酸エクストリーム製法」を新たに開発。炭酸感増強成分を加え刺激感をさらにアップさせた。

   実際にリニューアル前と後を飲み比べてみると、ボトルの開封音からまず違う。「プシュッ」の音量が上がっており、音だけでもう気持ち良い。

   味は、リニューアル前でも十分に「グレフル感」を楽しめるが、改良後は甘さが抑えられ、より後味がスッキリに。これまで以上に「グビグミ」飲めそうだ。

   炭酸は、もはや「強炭酸」というより「超炭酸」というべきだろう。「ガツン」というパンチ力が強力で、「炭酸」愛好家たちもきっと満足するはずだ。

   これから暑くなる季節にぴったりの同商品。キンキンに冷やしてぜひ冷蔵庫に常備したい。

   480ml入り。希望小売価格は140円(税抜)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中