2019年 10月 16日 (水)

ドーピング違反で資格停止中のシャラポワが「推薦枠」で出場 ウォズニアッキ、マレーが扱いを批判

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ドーピング違反で資格停止処分を受けた女子テニスプレーヤーのマリア・シャラポワ(30)が、ドイツ・シュツットガルトで現地時間2017年4月26日(日本時間27日)に行われるポルシェ・テニス・グランプリの試合に出場する。

   資格停止処分により女子テニス協会(WTA)の世界ランキングから除外されているシャラポワは、「主催者推薦(ワイルドカード)」といういわば「特別枠」での出場となる。テニス界からはこうしたシャラポワの扱いに疑問の声も出ている。

  • シャラポワがポルシェ・テニス・グランプリで復帰する(画像はシャラポワ公式サイトから)
    シャラポワがポルシェ・テニス・グランプリで復帰する(画像はシャラポワ公式サイトから)

「他の選手たちに無礼」

   4月26日はシャラポワの処分期間が明けてちょうど復帰可能となる日。ただ、同大会開幕日は24日であり、開幕時点でシャラポワは処分期間中にある。

   初戦の対戦相手は世界ランキング36位、ロベルタ・ビンチ(34)だ。

   元世界ランキング1位のキャロライン・ウォズニアッキ(26)は、英BBCの記事で「シャラポワがワイルドカードでポルシェ・グランプリに出場するのは、他の選手たちに無礼だ」「誰しも2度目のチャンスは与えられるべきだが、ドーピング違反で出場禁止を受けたら、最も低いランクから戦って戻ってくるべき」と述べている。

   同記事では、男子テニスの元世界ランキング1位、アンディ・マレー(29)も「ドーピング違反から戻った選手にワイルドカードを渡すべきではない」と批判している。

   シャラポワは16年1月に禁止薬物「メルドニウム」の陽性反応が示され、国際テニス連盟(ITF)から当初2年間の資格停止処分を受けたが、その後スポーツ仲裁裁判所(CAS)への異議申し立てにより、処分期間が1年3か月に短縮されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!