【餃子ラブ】どん兵衛から「焼餃子風うどん」 香ばしい匂いが食欲そそるぞ

印刷

   個性的なカップめんを次々と発売する日清食品の創作意欲が止まらない。同社は2017年5月8日、「日清のどん兵衛 ギョーザラブうどん」を全国で発売する。ギョーザ(餃子)の種類は調理の仕方によってさまざまあるが、この商品は難易度の高そうな「焼き」に挑戦している。

  • 「日清のどん兵衛 ギョーザラブうどん」
    「日清のどん兵衛 ギョーザラブうどん」

本物のギョーザが入っているわけではないけれど

   「明太子クリームうどん」「カルボナーラうどん」に続く、創作系うどんシリーズの第3弾として登場するこの商品は、中華料理の人気メニューであるギョーザをどん兵衛流にアレンジした即席フードだ。

   もっちりとしたつるみのある麺(めん)をギョーザの皮に見立て、肉ミンチ、キャベツ、ニラ、輪切り唐辛子を具材に入れた。焼きギョーザの香ばしさとジョーザのたれをイメージした醤油(しょうゆ)ベースのスープが、酸味と辛味のバランスが絶妙なコクを生み出す。ギョーザを鉄板で焼いたような香ばしい匂いが食欲をそそる。

   パッケージに描かれているカエルとウサギの擬人化したイラストは、およそ800年前に製作された国宝絵巻「鳥獣人物戯画」をモチーフにしたと思われる。ウサギがギョーザを運び、カエルがうどんを食べている。なんとも奇想天外な絵柄だが、ギョーザラブうどんの味も常識を超えた仕上がりかも――。

   内容量は93gでうち麺が70g。希望小売価格は205円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中