中学生の将来の夢、3位に「ユーチューバー」 「好きなことで、いきていく」

印刷

   ソニー生命(東京・千代田区)は2017年4月25日、中学生などを対象にした「意識調査」の結果を発表した。

   調査は、17年3月21日~3月27日の期間、全国の1000名(中学生200名、高校生800名)を対象に行われた。

  • 「好きなことで、生きていく」
    「好きなことで、生きていく」
  • 今の大人に対して抱いているイメージは?(中学生)
    今の大人に対して抱いているイメージは?(中学生)
  • カッコいい大人のイメージ
    カッコいい大人のイメージ
  • 将来なりたい職業(中学生)
    将来なりたい職業(中学生)

大人に対するイメージはネガティブ

   「将来の夢」について男子中学生に聞くと、

1位「ITエンジニア・プログラマー」(24.0%)、2位「ゲームクリエイター」(20.0%)、3位「YouTuberなどの動画投稿者」(17.0%)

となり、創造的な才能を生かせる職業が多く選ばれた。ネットを駆使した職業が人気なのも特徴で、生まれた時からネット環境がある「デジタル世代」らしい結果となった。

   一方、女子中学生はというと、

1位「歌手・俳優・声優などの芸能人」(19.0%)、2位「絵を描く職業(漫画家・イラストレーター・アニメーター)」(14.0%)、3位「医師」(13.0%)。

1位、2位は、男子と同様の傾向だが、3位は、現実的な夢がランクインしている。

   この背景にあるのは、「大人」に対するイメージや、将来の「理想像」が関係しているようだ。

   同調査では、いまの「大人」に対するイメージを中学生に聞いている。

「大変そう」(87.5%)や「疲れている」(88.5%)、「楽しくなさそう」(66.5%)、「暗い」(61.5%)

といったネガティブなイメージが多く、

「元気」(11.5%)や「楽しそう」(33.5%)、「明るい」(38.5%)

といったポジティブなイメージが少数派となった。こうした大人への反動から、「華やかな」職業が選ばれたのかもしれない。

   また、どのような大人をカッコいいと思うかについては、

「好きなことに打ち込んでいる」

が50.5%と最も多く、以下「マナーがしっかりしている」49.5%、「身近な人々(家族や仲間)を大事にしている」「面白い・ユーモアがある」47.0%と続く。

   「好きなこと(=趣味・特技)を仕事にすべきかどうか」といった議論は昔からあるが、イマドキの若者は、「肯定派」が少なくないようだ。人気ユーチューバー・HIKAKIN(ヒカキン)さんらが出演していたCMでは、「好きなことで、いきていく」と、ユーチューバーを形容していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中