2020年 10月 1日 (木)

浜田省吾、40周年ツアー  ほかに例を見ない軌跡

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   約6530万人――。

   この数字が何かお分かりだろうか。

   難民である。国連UNCHRが発表している、紛争や災害で家を追われている人たちの数。地球人口に換算すると約113人に1人、フランス1国の人口に相当するのだそうだ。

   4月18,19日、名古屋の日本ガイシホールで浜田省吾のコンサート「ON THE ROAD 2016 SPECIAL・"Journey of a Songwriter Since1976" 国連UNHCR難民支援プロジェクトの為のチャリティコンサート」が行われた。その数字もその時に国連UNHCRのスタッフから聞いたものだ。

浜田省吾、40年以上歌い続けてきた 「JUNJI NAITO PHOTOGRAPHS」
浜田省吾、40年以上歌い続けてきた 「JUNJI NAITO PHOTOGRAPHS」

ライブを見た人と見てない人の違い

   浜田省吾がソロデビューしたのは1976年、去年がデビュー40周年。9月から全国アリーナツアーが行われた。当初は年内一杯で終わるはずが、11月に予定されていた福岡公演が喉の不調で今年の4月に延期になった。それに合わせて組まれたのが今回の名古屋でのチャリティーコンサートだった。

   浜田省吾の40年の軌跡は他の同時代のアーティストとは相当に違っている。

   まずテレビに出ない。CMのタイアップなども70年代の終わりに一度あるだけだ。コンサート一筋でここまで大きくなったという例は他に知らない。同時にCDのセールスも下降線を辿ることなく売れ続けている。一昨年に発売されたオリジナルアルバム「Journey of a Songwriter」はオリコンのアルバムチャートの1位。しかも2週間続けた。当時62才。2週続けての1位は史上最年長記録だった。去年からのアリーナツアーも全公演ソールドアウト。今、最もチケットの取れないアーティストである。そして、ライブを見た人と見てない人との間に天と地ほどの認識の違いがあるアーテイストでもある。

   例えば、デビュー40周年となった今回のアリーナツアー「ON THE ROAD 2016~Journey of a Songwriter」は、初日となった9月17、18日の長野公演から3時間半を超え、年内最終公演地となった地元広島では何と4時間以上に及んだ。40年間の代表曲をR&Bやロックンロール、バラードなど彼の中にあるいくつかのスタイルを網羅し、最新のダンスビートまで披露しながら新作アルバムの曲で集約する。

   未就学児童から80代まで三世代にわたる客席の平均年齢は40代から50代。誰もが自分の目や耳で見つけて共に成長してきた当事者であり、ライブに自分の人生が投影されている。思春期に出会って大人になり家族を持つようになった。そういう歌も多い。彼が「一緒に歌ってくれるよね」と呼びかけたときの実感のこもった反応。アーティストのキャリアと聞き手の人生が一体になっているという点でも他に例を見ない。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!