【動画】中毒性ありすぎて困る... 米で大ヒット、日本にも上陸の「ハンド・スピナー」やってみた

印刷

   アメリカ発のストレス解消グッズ「ハンド・スピナー(別名:フィジェット・スピナー)」が爆発的ヒットを記録している。

   日本でもブームがじわじわと浸透しつつあり、複数のネットメディアや情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)でも紹介された。そんな話題の商品を、J-CASTトレンド編集部でさっそく遊んでみた。

  • ハンド・スピナー
    ハンド・スピナー
  • 商品パッケージ
    商品パッケージ

入荷後すぐに完売

   ハンド・スピナーは1993年、筋力の低下を引き起こす重症筋無力症を患う娘を持つ米フロリダ州在住の母親によって生み出された。力が思うように入らない娘でも遊べる「オモチャ」として産声を上げる。その後、2016年ごろに企業家の目に留まり、「ストレス解消グッズ」として商品化。若年層を中心に広まり、米ニューヨーク・タイムズでも特集された。

   日本でも、17年初頭あたりから「楽しそう」「これはハマる」といった口コミがネット上に投稿されはじめ、ブームの兆しを見せている。

   ハンド・スピナーは、プラスチックや鉄でできた本体に、グリップが3点ついた回転部分と、回転をなめらかにするベアリング(軸受け)が埋め込まれた中心部分からなる。だいたい手のひらに収まるサイズで重さは50~100g程度だ。

   遊び方は、中心部分を2本指で挟み回転させるだけ、といたってシンプル。遊びなれたユーザーは、回転の長さを競いあったり、指を組み替えるといった「ワザ」を編み出したりと、独自の遊び方を開発して思い思いに楽しんでいる。

記者の商品がラスいちだった!

   記者も5月8日、都内の家電量販店で1382円(税込)のハンド・スピナーを購入してみた。玩具売場の担当者によると、ゴールデンウィーク直前に20個ほど入荷したものの、またたく間に売れ、記者が購入した商品がラストだという。

   付属の商品説明を読むと、

「これで何をするの?とよく聞かれるのですがそんな皆さんに警告です。物事に意味を求めてしまう時点で、すでに現代病に侵されています。このおもちゃは何かをするためのものではなく、何もしないを楽しむコペルニクス的大転換の暇つぶし器具です」

と、文言が並ぶ。

   あふれだす懐疑心とともに実際に回してみると...なんだろう、この既視感は。記者は幼少期、「ベイブレード」や「ハイパーヨーヨー」といったコマ遊びに熱中したが、その感覚に近い。一定の回転を続ける物体をただただ眺めているだけで、「安心感」や「懐かしさ」がこみあげてくる。

   購入してからは、仕事中にもかかわらず無意識に手が伸びてしまい、この記事を書いている最中もたびたび回していた。この中毒性は実際にやってみないと味わえないが、ハマりすぎは要注意だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中