岩田剛典に中村蒼・・・
花より綺麗な植物男子こう攻略!

印刷

   「イッキにモテろ!恋活レボリューション部」

   2012年放送の「結婚しない」(フジテレビ系)で、玉木宏が花屋でバイトしてからというもの、NHK特集ドラマ「希望の花」(2014年)の中村蒼は実家の花屋を継ぎ、2016年公開の映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」では、EXILE /三代目J Soul Brothersの岩田剛典が、くぉぉぉぉぉぉっと唸りたいほど優しい植物オタイケメンを演じて女子を胸キュンさせまくった。

   職場で周囲のドロドロした人間関係に窒息しそうなあなたには、ギラギラした野望や脂っこい肉食とは真逆の、花や植物好きの男子のほのぼのとした癒しこそ救いの神。一緒にいるだけでストレスから解放されて心がクリーンになる、歩く空気清浄器のような爽やかさ。運命の植物男子と結婚したエリコさん(37)を見習って、花も実もある癒しの恋をゲットしよう!

心干からびたアラフォーは花屋へ
心干からびたアラフォーは花屋へ

週末に必ず店通いを

   半ブラックな流通系企業でボロ雑巾のようにこき使われているエリコさんは、5年もカレシなしの日干し生活。部屋はゴミ屋敷状態で、カレシどころか友達も呼べない。

「片付かない家に帰るのがイヤで、毎晩、外食ばかり。肌も荒れるし、どんどんネガティブ・ループにハマって、もう男とのつき合い方も忘れた感じ」

   ボロボロになったエイコさんが、「運命の人」に出会ったのは、自宅の近所にあるボタニカル・ショップだった。

   その日、エイコさんは大学の友人の結婚パーティーに贈る花を探しに、トロピカルフラワーからサボテン、大型鉢植えまでなんでも揃う近所のシャレオツ系園芸ショップへ。

   迷っているエイコさんに、あれこれ花の手入れ法を教えてくれたのが、坂口健太郎似のエプロンをかけた塩顔イケメン、A君。

「多肉植物の寄せ植えリースなら新居でずっと楽しめるし、世話も楽で花も咲くしペット感覚で人気がありますよ」

   まさにど真ん中ストライクのA君に、あっというまにひと目惚れしたエリコさん。まさか汚ギャルの巣ともいうべきおぞましい家の近所に、こんな清らかな天使がいたとは!

   結婚パーティーのプレゼントはA君のおすすめ通りの鉢植えに決定。発送の手続きをしながら、自分がいかに花好き女子でこの店が気に入ったかをアピしまくる。

   自宅から店までは徒歩15分。毎日、通えばA君と仲よくなれるかも、いやそれどころか2人で一緒にベランダ花壇を楽しむ生活も・・・。カオスな部屋の状況を忘れて、妄想はどこまでも炸裂する。

   エイコさんはそれから週末必ず店に通い、小さなサボテンや多肉植物をちょこちょこ買いながらA君の情報をゲット。A君は31歳で独身。植物が好きでフラワーショップで働きながら勉強し、将来は自分の店を持てることが夢だという。

「顔はもちろん、植物を枯らさないように細やかに気を配る優しいところがすごくじわじわきて・・それに今までの彼は普通の会社員ばかりで、こんなにほのぼのする人は会ったことがなかった」

   やがて足の踏み場もないエリコさんのワンルームの、バルコニーやキッチンに残された最後の空間も数十個の鉢植えが並ぶラッシュ状態に。

キメたいときの次の行動

   火がついたエリコさんの心をさらに燃え立たせたのは、「重い鉢植えでも大丈夫ですよ。ぼくが車で運びますから」という言葉。

   えっ?とゆーことは、A君が部屋に来てくれる? もしかしたら一緒にお茶を飲んでいい雰囲気になって、そのまま・・ということもありえる!

   こうなったら自宅で勝負をかけるしかない!

   一念発起したエリコさんは、週末、ゴミ部屋をすごい勢いで片付けまくり、なんと70リットルのゴミ袋を20個近くゴミ収集場へ! 数年分のゴミとホコリを怒涛の勢いで清めるパワーの源は、「汚ギャルの巣をA君との愛の巣に変える!」というひたむきな恋心。

   通販で買った可愛いクッションやカーテンもつけて、キッチンやダイニングはA君と宅デートできるミニカフェ仕様に。そしてA君のいる園芸店に出かけ、絶対に自分では持ち帰れない大きな観葉植物の鉢植えを注文、次の週末、A君に届けてもらえることになった。

   作戦は見事成功!

「部屋にいい香りのアロマを炊いたり、気合いいれたナチュラル風のメイクや体の線が出るセクシーなワンピースを着て、準備万端で待ってました。A君が配達にきたら、てきぱきコーヒーを入れて、お礼だからって焼きたてのパンケーキとかも出しちゃってぶりぶりしまくり」

   その日はまだ配達が残っていたので、30分話しただけ。でも、A君の好意で次の週もメンテに来てくれることになり、エリコさんの心はまたしても空高く舞い上がった。

「次こそ絶対キメないと。お世話になってるお礼に夕食をごちそうしたいから、配達、全部終ってから来てください、と念押ししました」

   それから1週間は店のブログをリサーチして、A君の身辺調査にいそしむ。年は31歳。植物の知識はさすがのプロで人望もあり、後輩スタッフにはガッツリ頼られている。園芸ショップの店員はほとんどが女性だから、A君のような人望あるイケメンは絶対モテるはず。

   しかも女性客のウケはかなり良くて、何人もの女性客から名指しでお礼や「また行きます!」コメントが!

   ヤバい。A君を狙っているのは私だけじゃない?

   焦ったエリコさんは翌週、メンテにたずねて来たA君に鍋をごちそうしながら、「いつも一緒に夕食を食べられれば楽しいのに」とさりげなく告白。するとA君は「ほんとに食べに来ていいの?」とうれしそう。両思い成立?と舞い上がっていると、「女の人に手作り料理ごちそうになるのって生まれて初めて」

   聞けば大学時代から家賃を浮かすため、ずっと同性の友達とのシェアライフで、食事もコンビニ飯ばかりなのだという。しかもダイニングに友人が寝ているため、彼女を呼ぶのはほぼ不可能とか。

   この耳よりな新事実を有効活用すべく、エリコさんは「実は私もシェアってしてみたかったの。何かと心強いし2人の方が楽しいし! この部屋なら2人住めるからよかったらシェアしない?」

   盛り上がった2人は、その夜、友達以上の関係に。

干からびた女子力が復活

   A君はそれからひんぱんに家に来るようになり、次のマンションの更新の時にシェアライフを解約してエリコさんの部屋に越してきた。

   園芸ショップの社員になってもせいぜい月給18万円。だからA君は時給制のほうが稼げるとバイトのままで働いている。一方、エリコさんは年上な分、さすがに月給は高いしボーナスも出るから、食費は多めに出す。

「A君の同業の植物男子もOLの彼女との同棲で、なんとか生活してる人が多い。部屋も食生活もぐっとレベルアップする都合のいい相手だってことを、強めにアピったのがよかったのかも。それと男同士のシェアしてる人って、欲求不満がたまりがちだから狙い目ですね」

   半ブラックな職場の上司のパワハラや待遇のひどさにいつもイライラしてたのに、A君と知り合ってからは「イヤならやめればいいんだ! 資格を持ってるから、同じ業界でいつでも転職できるし」とポジティブ・シンキングに切り替わった。

   極めつけは「いるだけでウツになったすさまじい汚部屋が、彼のおかげで緑いっぱいのこじゃれたテラスハウスになり、ついでに私の干からびてた女子力もリカバリーできた。植物男子の光合成パワーはすごい」

   ここでA君みたいな、癒しビーム全開の植物男子をゲットする裏ワザをこっそり伝授しよう。

   1)バオバブやガジュマル、浮遊植物など、ひと味違うハイレベルな知識を仕入れて、にわか植物女子になれ!

   2)店に通い抜いて、大きな植物を配達してもらえ! あなたが好印象なら次は「メンテナンスもしますよ!」と言ってもらえる! この時が仲よくなる最高のチャンス。

   3)植物男子は貧乏フリーターが多い。シェアハウスや友人との同居で家賃を切り詰めているケースが多いので、「うちは部屋が空いてるから!」「きっと一緒に住んだら楽しいよ!」と家賃半額キャンペーンをアピしまくれ。

    部屋にいるだけで癒しのマイナスイオンを出してくれる中村蒼みたいな優しいボタニカル男子にキュンキュンしまくりたい。彼らこそボロ雑巾化したアラフォーOLに花も実も咲かせる、救世主なのだ!

(ライター・豊田いつき)

豊田いつきプロフィール

東京生まれ。アラサー、アフフォーの恋愛や結婚をめぐる意識変化に詳しいライター。フットワークの軽いインタビューと鋭い分析で日々、激変していく「恋愛現場」 の関係性を発信している。ペンネームで著書多数。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中