2019年 12月 8日 (日)

VR普及のカギはやっぱり「エロ」 最新アダルトVRのスゴい世界

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

体験者「もう彼女はいらない」

   前述の展示会で、記者は「実写」「CG(コンピューター・グラフィック)」両方のアダルトVRを体験した。

   まず、アダルトビデオメーカー「TMA」のブースで、人気セクシー女優が出演するVR作品を視聴した。記者はこれがはじめてのVR体験だったが、まずはその臨場感に驚いた。まるで相手がその場にいるかのような感覚や、シチュエーションへの没入感は「虚構」とは思えなかった。自分が男優になりきり、その視点でストーリーが展開されていく作りだったが、女優と目があった際は思わず「ドキッ」としてしまった。

   次に体験したのは、同人サークル「VRJCC」が手がけるアダルトゲーム「なないちゃんとあそぼ!」。3Dイラストのキャラクターと触れ合うゲームだが、専用ゴーグルとヘッドホンを装着しつつ、より現実感を追及するためにスマートフォンが装着された「エアドール」を使用する。これはキャラクターと連動しており、エアドールを動かすことでキャラクターも同じ動作をし、実際に相手に触れているかのような錯覚を覚えた。

   来場者にも話を聞いた。VRゲームは使用経験があるものの、成人向けコンテンツは「はじめて」という20代男性は、

「これがあればもう彼女はいらないと思えるような完成度でした。買いたいけどどっぷりハマってしまいそうで怖い」

と、率直な感想を漏らす。

   また、すでにヘビーユーザーだという40代男性は、

「アダルトVRは、黎明期から現在までいろいろなソフトを体験しましたが、日に日にクオリティーがあがっています。今後のラインナップが楽しみです」

と、目を輝かせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!