楽天・嶋は「名捕手になれない、永遠に」 ノムさん、元教え子に痛烈批判

印刷

   野球評論家・野村克也氏(81)のぼやきが、元教え子に炸裂した。

  • 嶋選手(WikimediaCommonsより、Cake6さん撮影)
    嶋選手(WikimediaCommonsより、Cake6さん撮影)

嶋は「気が弱い、怖がり...」

   野村氏は、2017年5月14日放送のスポーツ番組「S1」(TBS系)に出演。同日に開催された楽天対ソフトバンク戦を観戦し、気になる点を批評していった。

   試合は、野村氏が06~09年に監督をつとめた楽天が大勝。投打がかみ合い9対2と勝利をおさめた。同氏はさぞや満足げかと思いきや、楽天の嶋基宏捕手(32)に対する「ぼやき」が止まらなかった。

   かつての「教え子」である嶋に対し、

「嶋も相変わらずだな」「外角一辺倒だもんな。気が弱い、怖がり、インコースを全然使えない」

とこき下ろした。

「俺が悪かったのかなと思ってしまう。悪いことを教えてしまったのかと...」

と自虐するほどで、「今日の試合を見たら成長したとは感じない。脱皮しないと名捕手にはなれない、永遠に。無難な捕手のまま」

と厳しい評価を下した。

   嶋といえば、2017年のWBCにも選出された球界屈指の捕手だ。しかし、かつての名捕手・野村氏から合格点をもらうのはまだ先のようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中