2020年 8月 9日 (日)

今目の前にある危機 最悪の「サイバーテロ」からどうやって身を守る?

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   先日、不正プログラム「ランサムウェア」(身代金要求型ウイルス)によるサイバーテロがニュースになった。イギリス、台湾、チリなど世界各地で被害が多発しているほか、日本でも日立製作所やJR東日本がサイバー攻撃を受けたことがわかっており、影響はさらに拡大するものと思われる。

   今回は、サイバーテロの実情、また対策方法など、インターネットのセキュリティについて、改めて学び直すことができる3冊を紹介する。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

世界を震撼させた天才ハッカーたちの知られざる生態を暴く

『我々はアノニマス 天才ハッカー集団の正体とサイバー攻撃の内幕』(著者:パーミー・オルソン ヒカルランド)
『我々はアノニマス 天才ハッカー集団の正体とサイバー攻撃の内幕』(著者:パーミー・オルソン ヒカルランド)

   アノニマスとは直訳すると「匿名」「名無し」の意味。だが今や、言わずと知れたハッカー集団をさす不気味な固有名詞である。サイバー攻撃によってウィキリークスや中東革命を支援し、世界に脅威を与えた神出鬼没の「アノニマス」。彼らはいったい何者なのか? 『我々はアノニマス 天才ハッカー集団の正体とサイバー攻撃の内幕』(著者:パーミー・オルソン ヒカルランド 2160円)は、フォーブス誌のロンドン支局長である気鋭のジャーナリスト・パーミー・オルソン氏がアノニマスの首謀メンバーを直接取材し、謎の集団の核心に迫っている。

   「世間が恐怖する中、一握りの天才ハッカーたちはしだいに名声を競い始め、中国やCIAといった、より大きな標的を求めていく。だが、FBIは彼らの内部を切り崩し、意外な密告者を泳がせたのだった―(本書より)」。

   監修は、「アノニマスはネット社会のヤバい奴ら。でも最高の可能性感じるね」と語る、元ライブドア社長、ホリエモンこと堀江貴文氏。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!