「地味スゴ」の安藤政信みたいな宅配男子を絡めとる女子の裏ワザ

印刷

   「イッキにモテろ!恋活レボリューション部」

   「地味スゴ」(日テレ系「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」)の安藤政信扮するバイク便男や、「癒し屋キリコの約束」(東海テレビ)のバイク便ライダー、戸塚祥太みたいな超イケメンが「お届け物です」とあなたの家をピンポンしたら、絶対、平常心ではいられない。

   ピザのデリバリーでも宅配便でも、そんなイケメンがわざわざ家に来てくれるなんて、美味しい事態をムダにしては女がすたる。最近では「お届けもの」がきっかけで、佐川男子やクロネコ男子と純愛や不倫が始まるケースも、あるあるネタになりつつある。

trend_20170523170107.jpg

コーヒー1杯でフレンドリーに

   企業の広報誌を作っているリカさんは、自他ともに認める「1人でいられない女」。末っ子的な人なつこい性格から友達も多く、年上からは可愛がられるのだが、なぜか恋愛ではチャラい男に遊ばれることが多くて、付き合いが続かない。

「もともと自分の顔にコンプレックスがあって。うまくいかないのはブサイクのせいなのかなと・・」

   リカさんは切れ長の細い目のあっさりお茶漬け顔。決してブスではない和顔だし、165センチの体を生かしてキレイめお姉ギャル系のオシャレもサマになる。でも本人は中学の時にいわれた「目がコワい」という暴言にトラウマが。

   「だから付き合う相手にうまく本音が言えなくて、溝のある関係になってしまう」

   「いつもありがとうございまーす」と、毎回やってくるのは若いすらりとした配達員。

   どすっぴんにメガネでよれよれのジャージ姿という、おぞましい休日の姿を見られたら死ぬ!わずかなドアのスキマから荷物を受けとっていたリカさん。

   ある日曜、コンビニ帰りに玄関前で配達員とバッタリ会い、慌てていつもの禁を破り、ばっちり目をあわせてしまった。アイドルになってもおかしくないような、すっごい爽やかなイケメン。なんでこんな人が配達してんの?とパニクって、思わずきょどってしまった。しかし。考えてみれば自分はどすっぴんメガネにヨレたジャージ。トキメいてもお笑いにしかならない。

   「いつも届けてくれるお礼にコーヒーいれますから飲んでって、とか、大阪のおばちゃんみたいに強引にオシてみた」

   それが功を奏したのか、コーヒー1杯でカレはかなりフレンドリーに。世間バナシをしているうちに、カレがお笑い芸人の勉強をしていると知ってビックリ。

   オシついでにマサシという名前とラインのアカウントを聞きだしたものの、カレが帰って鏡を見たリカさんは、自分の「ゴミ出しのおばちゃん」ぽい格好にめまいが・・・。

   「いままで恋の相手には完ぺきなメイク顔しかみせていなかったから、どすっぴんから始まる恋なんて成立するはずないと思った」。それなら友達の気軽なノリでいこうと割り切ったリカさんは、まったく興味がなかったお笑い番組をマメに見るようになり、ライブにも行くようになった。

どスッピンをつらぬき通す

   マサシくんがくるたびにお茶をごちそうし、お笑いのDVDの貸し借りをしたり、ライブのネタを話して盛り上がるうちにやがて一緒に見にいこうと盛り上がり・・・。

   ここでリカさんはハタと考えた。いきなりこってり厚塗りメイクでライブにいったら今さら感が強すぎる。なら、いっそすっぴんを通そうと、思いきって基本のファンデとリップだけ、しかもデニムとスニーカーで「サバサバしていて、お笑いのセンス抜群」キャラに。

   「カレの先輩たちのライブでちょー楽しくて。今まで自分がどう見られてるかばかり気にして男の子と一緒に盛り上がることもなかったから、化粧崩れとか気にしないで大口開けて笑えるのが快感!」

   リカさんの最大の不安は、自分が女として見られているのか単なる「ノリのいい友達」なのかということ。何しろ、この時点まで一回もキスもなし。このままでは女として認識されないまま終ってしまう!そこである日、飲んだ勢いで一気に告白。感情がたかぶってぼろぼろ泣いてしまったリカさんに驚き、「今まではあまり意識してなかったけど、やっぱり女の子なんだ」とハグってくれた。

   これまでいちゃこらしなかったのは、パートのフリーター業の自分にひけめがあったかららしい。ちなみにバイトの宅配男子の時給はファストフード店員とほぼ同じ!!体力勝負で、風邪でもひいたらその月の給料はガックリ下がるから、とにかくバカ元気に休まずがんばるしかないという。

   誤解もとけてようやくカレと彼女の公認関係に。数か月後にはマサシくんがリカさんの部屋に転がり込んできた。

   宅配バイトで稼いだ金でお笑いを勉強するマサシくんに、経済的な余裕はゼロ。

   でも、これまでつきあった会社員のカレとの、部屋でごはんを食べてビデオを見てエッチをする、という決まりきったデートに飽き飽きしていたリカさんは、お笑いという目標に一直線のマサシさんとの生活は飛び切り新鮮に思えた。

   「カレにとってはメイクがどうのとかより、笑いのセンスやツボがあうことのほうがずっと大切みたい。お笑いにハマったおかげで通販依存もなくなって一石二鳥です」

   スッピンでは外に出られない厚塗りOLが、爽やかな笑顔を届けるイケメン宅配男にモテるにはどうしたらいいのか。その法則をいつものようにまとめてみた。

   1 )宅配という仕事へのねぎらいが、心を開く。毎日多くの配達でクタクタのカレに「いつもありがとう」「暑いのにお疲れさま!」「ちょっとお茶を飲んで一息ついてね」と、笑顔で声をかけることがモテ戦略の第1ステップ。

   2)宅配男子にはピザ男子、ネットスーパー男子、生協男子なども含まれるが、ふつう待機の担当が決まっているので、まずはカレのフルネームを覚えろ!注文なども電話で名指しされればうれしいし、より親しみを持ってもらえる。

   3)若い宅配男子は、何かを勉強したり好きな仕事を目指すために、時給は安くても自由がきくこの仕事をやっていることが多い。それを一緒に楽しめるかどうかが、2人の相性のポイント。少し仲よくなったら、将来何をやりたいのか聞いてみよう。ちなみにマサシさんのような芸能系や自由業系なら、安定収入のあるOLとの相性はばっちり。

   4)宅配男子は体力が勝負。食欲に訴えろ。うまいメシでの餌づけがかなりきくので、時々、「おすそわけ」などといって、お握りや唐揚げなどを差し入れてみよう。時間に追われてパンぐらいしか食べる時間がないので、こういうサプライズはガツンと効く。

    週末、部屋に引きこもるヤドカリ女子には、爽やかスマイルの宅配男子が唯一の会話相手。そんなカレに恋したら、あなたの部屋がカレの「給水ポイント」になるオアシス作戦で、「ここがアナタの帰ってくる場所」と調教してしまえ!

(ライター・豊田いつき)

豊田いつきプロフィール

東京生まれ。アラサー、アフフォーの恋愛や結婚をめぐる意識変化に詳しいライター。フットワークの軽いインタビューと鋭い分析で日々、激変していく「恋愛現場」 の関係性を発信している。ペンネームで著書多数。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中