■日本ダービー 「カス丸の競馬GⅠ大予想」 戦国ダービーこそ面白い!

印刷
trend_20170526193512.jpg

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。先週の「オークス」はガジュマル爺が◎ソウルスターリングで大当たり。フランケルの仔は本当に強かったじぇい。

   ガジュマル爺 その通りじゃ。さあ、今週は3歳の頂点を決める日本ダービー(2017年5月28日、東京競馬場、芝2400メートル)じゃ。すべての競走馬が一生に1度、3歳の時にしか出ることができない競馬の祭典じゃ。いくつになっても、このレースだけはワクワクするわい。

   カスヨ 年甲斐もなく、興奮してケガしないでよ。私はこのレースが一番好きだわ。意気のいいイケメンエリートが勢ぞろい。1年に1回の楽しみね。それにしても今年は難解ね。戦国ダービーって言われてるわ。こういうときは大穴狙いの私の出番なんだけど、イケメンだらけで目移りしちゃうわ。

trend_20170526193541.jpg

皐月賞上位組の評価をどうする

   カス丸 戦国きゃすう? でも、面白そうだじぇい。ガジュマル爺の本命◎はレイデオロだよ。

   ガジュマル爺 ともかくこの馬は、ダービーだけを頭に置いたローテーションを歩んできたんじゃ。昨年暮れにGIIのホープフルステークスを勝って、4月の皐月賞はいうなれば練習台。そして、今回が本番じゃ。狙いがはっきりしておる。藤沢厩舎、ルメール騎手は、先週のオークスを勝ったソウルスターリングと同じじゃ。父キングカメハメハはダービー優勝だから、血統も問題なしじゃ。12番という枠も丁度、いい塩梅じゃな。

   カスヨ でもダービーは、昔から「運のいい馬が勝つ」といわれてきたとおり、狙い通りにはいかないものなのよ。私の本命は4番枠に入ったスワーヴリチャード。2月にあった共同通信杯で優勝。東京競馬場だったから、舞台はぴったしよ。その前の東京スポーツ杯2歳ステークスも東京競馬場だったけど、優勝馬とほとんど差がない2着にきているし、舞台は大丈夫。しかも今の東京競馬場は、内側を走る馬がなかなか止まらないわね。内枠が有利だと思うわ。

   カス丸 ふたりの本命は分かったけど、皐月賞では5着、6着だよ。上位に入った馬が強いんじゃないの。どうして?

   カスヨ そうね。今年の皐月賞がおかしかったというわけじゃないわ。優勝したアルアイン、私は対抗○よ。2着のペルシアンナイト、3着のダンビュライトも、なんだかイヤな存在ではあるわ。でもね、今年の牡馬は牝馬に比べると、いまいちレベルが低い印象なのよね。例年だと、皐月賞→ダービーと続くクラシック路線を勝ち進む馬がいるものだけど、どうも今年は違う印象ね。そこが難しいところだわ。

クラシック路線以外の有力馬は

trend_20170526193645.jpg

   カス丸 じゃあ、そのクラシック路線以外のところを走ってきた馬で強いのはいるの?

   ガジュマル爺 まずはアドミラブルじゃ。ディープインパクト産駒。舞台がダービーと同じ青葉賞で圧勝しとる。タイムもダービーレコードに0.4秒しか違わない。ただ、一番外の18番枠に入ってしもうたので、不利じゃな。いくらなんでも一番外から優勝というわけにはいかんじゃろ。わしは△の評価じゃ。

   カスヨ それとサトノアーサーね。こちらはきさらぎ賞、毎日杯と2着続きでダービーに出場よ。この馬もダービーしか頭になかった証拠ね。父はディープインパクトだし。有望ね。

   カス丸 戦国ダービーというからには、もっとたくさんの「武将」たちがいるはずだじぇい。あとは?

   カスヨ 名前を挙げればきりがないけど、ともかく内側が有利という点からすると、2番に入ったアメリカズカップ。きさらぎ賞優勝で、父はマンハッタンカフェだし、距離は問題なしね。5番のクリンチャーも要注意ね。先行してそのままゴールかもしれないわ。外に入ったけど、13番のカデナはディープインパクト産駒で、皐月賞では惨敗したけど、巻き返しはあるわね。さらに15番ダイワキャグニーは東京で3戦3勝よ。こちらもまったく無視できないわ。

   カス丸 うーん、ホントにいっぱいいるじぇい。でも、本命◎はダービーと同じ距離の2400メートルを2回勝ち続けているアドミラブルだじぇい。強いじぇい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中