思い立ったが吉日! 読むだけで「禁煙」できる方法とは

印刷

   「がん患者は働かなくてもいい」。受動喫煙対策をめぐり、職場で苦しんでいるがん患者について、こんな発言をした国会議員がいた。

   たばこの煙は自分の健康のことだけではない。周囲の人にも有害を与えることが問題なのだ。5月31日は「世界禁煙デー」。世界各国でたばこ対策のキャンペーンが展開されるが、日本における受動喫煙対策はどこまで進んでいるのか。

   今回は禁煙の取り組みや受動喫煙の問題など、たばこにまつわる3冊を紹介してみたい。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

これでダメなら諦めなさい!

『一生モノの禁煙術 これでダメなら諦めなさい!』(著・武本秀治、廣済堂出版)
『一生モノの禁煙術 これでダメなら諦めなさい!』(著・武本秀治、廣済堂出版)

   「きょうから禁煙だ」と宣言してもなかなか続かない。最近は治療しながらサポートしてくれる禁煙外来が増えているが、『一生モノの禁煙術 これでダメなら諦めなさい!』(著・武本秀治、廣済堂出版、918円)は、禁煙専門鍼灸師による禁煙法である。

   著者の武本秀治さんは独自の禁煙メソッドを確立し、2年前に東京・上野に開業した。心理的依存と薬物依存の両面からアプローチし、ツボや認知行動療法を応用した禁煙療法だ。禁煙でなりがちな「禁煙太り」対策も紹介し、「読むだけで無理なく禁煙できる」というのがキャッチフレーズ。

   「タバコを吸っている自分はカッコいい!」と思っているかもしれないが、実は脳のシグナルで吸わされているだけなのだ。吸いたい気持ちを抑える感覚をつかみ、2度とたばこを吸わないようにと呼び掛ける。禁煙に成功した人たちの体験談もある。

たばこ規制条約を批准した国なのに

『受動喫煙の環境学―健康とタバコ社会のゆくえ』(著・村田陽平、世界思想社)
『受動喫煙の環境学―健康とタバコ社会のゆくえ』(著・村田陽平、世界思想社)

   日本はたばこ規制の国際条約(FCTC)を最初に批准した国のひとつ。それなのに受動喫煙対策では「後進国」だ。そう訴えて警鐘を鳴らすのが『受動喫煙の環境学―健康とタバコ社会のゆくえ』(著・村田陽平、世界思想社、2268円)。

   「日本の受動喫煙被害の実態」「日本のタバコ広告の深層」「日本の受動喫煙対策のポリティクス」の3部構成で、それぞれの問題点を分析、解明し、議論の筋道を示す。

   受動喫煙被害では、職場で従業員の健康が守られていないことを提示し、広告ではたばこと「男らしさ」との関連を指摘する。タバコ産業の分煙戦略や受動喫煙防止条例との攻防を明らかにし、受動喫煙対策の「先進国」になるための条件を提起する。2014年度日本地理学会賞、第13回人文地理学会賞を受賞した。

粒揃いの書き手によるパイプ随筆

『パイプ随筆』(編・青羽芳裕、未知谷)
『パイプ随筆』(編・青羽芳裕、未知谷)

   パイプと随筆といえば、作曲家の團伊玖磨の『パイプのけむり』を思い出す。東京オリンピックの1964年から『アサヒグラフ』(朝日新聞社)に36年間連載され、いまも多くの人に愛されている。

 

   『パイプ随筆』(編・青羽芳裕、未知谷、2592円)は、團も含め粒揃いの書き手によるパイプに関する文章を集めたアンソロジーだ。いくつかあげて見ると、半村良「気まぐれパイプ」、開高健「七日間ごとの宝物、ウイーク・パイプ」、伊丹十三「寿司屋で勘定を払う時......」、植草甚一「どうやらぼくもパイプ党になりだした」、澁澤龍彦「パイプ礼讃」、團伊玖磨「頭の散歩」と著名人の作品が並ぶ。

   編者の青羽芳裕氏は、日本パイプクラブ連盟常任理事、国際パイプアカデミー会員などの肩書がある。『第三版パイプ大全』の編集主幹を務めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中