「氷入りで飲んでみて」「氷でキンキン!オールフリー」を試したら...舌を疑うほど美味かった!

印刷

   車を運転する人やお酒の弱い人でも楽しめるノンアルコールビールテイスト飲料は、ビールの味で気分転換したい人にとって最高の息抜きだ。ビール各社がノンアルコールビールテイスト飲料を手がける中、サントリービールのサントリー「オールフリー」は2017年夏、氷を入れて冷やして飲むスタイル「氷でキンキン!オールフリー」を提案する。

   17年5月30日に同社は、品川ビアガーデン(東京都港区)で「新感覚"氷でキンキン"オールフリー体験会」を開催した。

  • 氷で冷やした「氷でキンキン!オールフリー」
    氷で冷やした「氷でキンキン!オールフリー」
  • 味覚コンサルタントの菅慎太郎さん
    味覚コンサルタントの菅慎太郎さん
  • 「オールフリー」とオリジナルジョッキ
    「オールフリー」とオリジナルジョッキ
  • 「氷でキンキン!オールフリー」の作り方(体験会配布資料より)
    「氷でキンキン!オールフリー」の作り方(体験会配布資料より)
  • 氷の入ったジョッキでキンキンに冷やしたオールフリー
    氷の入ったジョッキでキンキンに冷やしたオールフリー
  • 写真左が氷で冷やした「オールフリー」、右が氷なし
    写真左が氷で冷やした「オールフリー」、右が氷なし
  • 写真右は品川ビアガーデンのサムギョプサル
    写真右は品川ビアガーデンのサムギョプサル
  • (写真左から)菅慎太郎さん、サントリービールマーケティング本部ブランド戦略部の酒巻真琴さん
    (写真左から)菅慎太郎さん、サントリービールマーケティング本部ブランド戦略部の酒巻真琴さん

氷を入ると美味しくなる理由は3つある

   ノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」は、中味とパッケージをニューアルして、17年5月中旬製造分から順次全国で発売されたばかり。

   最初に登壇したサントリービール・マーケティング本部ブランド戦略部の酒巻真琴さんは、中味は麦の旨味とすっきりした後味に加え、軽快なのどごしを実現したと自負する。パッケージは麦をモチーフにした躍動あるデザインに変更し、ビールらしい味わいと軽快さを表現した。カロリーゼロ、糖質ゼロ、プリン体ゼロは以前と変わらない。

   ノンアルコールビールテイスト飲料の飲み方といえば、缶を開けてそのまま飲むスタイルが一般的だ。「氷でキンキン!」というサントリービールの提案を聞いて、えっ!?と戸惑う人も少なくないはず。ところが同社が17年3月に味評価を行ったところ、モニター90人のうち83%が「美味しい」と答えたという。

「想像を超える美味しさにびっくり」(41歳女性)
「薄いかな?と思ったら、味も香りも薄くない!のどごし気持ちいい!!」(52歳男性)

   続いて登場した味覚コンサルタントの菅慎太郎さんが、(氷で)冷やすとおいしい理由について説明した。

   菅さんは3つのポイントを挙げる。1つ目は、冷たくすることで炭酸の刺激や苦味が感じやすくなること。2つ目は、温度を下がることによってのどごしが良くなること。3つ目は、冷やしたものが体温(口内)で温まることによって、後から旨味や香りが心地よく感じやすくなることだ。

   そこで体験会に招かれた有名ブロガーや記者は、氷をぎっしり詰め込んだジョッキに注いだオールフリーと、氷なしのプラカップに注いだオールフリーを飲み比べてみることに。J-CASTニュース トレンド編集部の記者Iも飲んでみた。

   氷で冷えたオールフリーは刺激がアップしていて、氷なしよりも明らかに爽快感で上回っているように感じた。冷えているのでのどごしも上々。氷が溶けても麦の風味は残っていて、ビール感をしっかり楽しむことができた。プラカップや缶で飲むときとは違った印象だ。オールフリーを氷入りのジョッキに注ぐと――なんというか、飲料の持つパワーが若返るかのよう! 

   これを一度体験してしまうと、ノンアルコールビールテイスト飲料はできるだけ氷×ジョッキで飲みたいし、缶で飲んでいる人を見かけたら「なぜジョッキで飲まないの?」と教えたくなる。それくらいの発見だった。

   気象庁が2017年5月24日に発表した3か月予報によれば、今年の夏は全国的に平年よりも晴れの日が多く、平均気温が高くなる見込み。猛暑が続くこともあり、トレンドな飲み方になりそうだ。ちなみに体験会当日の東京地方は最高気温29.1度。日差しは強く真夏日の一歩手前、まさに「オールフリー日和」といっていい天候だった。

   会場ではビアガーデンのメニュー「サムギョプサル」がふるまわれ、来場者は「氷でキンキン!オールフリー」を片手に舌鼓を打った。

二層構造のオリジナルジョッキをプレゼントする企画も

   「サントリー オールフリー」は容量別に、350mlのレギュラー缶、500mlのロング缶、250mlのミニ缶、334mlの小瓶の4つがある。価格はオープン。

   この「氷でキンキン!オールフリー」は、品川ビアガーデンのほか、「PRONTO(プロント)」や「IL BAR(イルバール)」などの飲食店で先行展開する。

   またサントリービールは6月27日から9月11日まで、オリジナルアイテムの「ずっとキンキンジョッキ」が当たるキャンペーンも実施する。オールフリー300円以上を購入したことを証明するレシートをハガキに貼って応募すると、二層構造で冷たさをキープするオリジナルジョッキが抽選で5000人に当たる。詳細は特設サイトまで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中