方向が一定でない、均一な光の広がりを実現したLEDライト

印刷

   パナソニック エコソリューションズは、スクエアタイプの光源ユニットを採用したことで、方向性が一定でない、均一な光の広がりを実現した一体型LEDベースライト「スクエアシリーズ スクエア光源タイプ」(6タイプ)を、2017年7月に発売する。

   従来の蛍光灯器具やLED器具は、発光部の形状によって水平もしくは垂直方向に光源の方向性があった。それを面で発光するように開発。方向性のない均一な光が広がり、シンプルな照明空間を実現した。

   また、スクエア光源ユニットのサイズを共通化したことで、どのサイズでも、目的に応じた器具本体と、明るさタイプや光色(光源)を自由に組み合わせることができる。 同じ明るさタイプでサイズダウン、同じサイズで省エネ効果をアップするなど、従来ではなかった組み合わせが可能になった。新築やリニューアルなど、目的に応じた選択の幅が広がったほか、キックバネの採用でユニットの着脱がより簡単になり、本体への取り付け時の施工性が向上した。

   消費電力は、従来の蛍光灯器具と比べて約58%削減した。 希望小売価格は、3万2800円~6万6500円(器具本体とスクエア光源ユニットの組み合わせ、税別)。

  • 方向性のない均一な光の広がりを実現する面発光(写真は、一体型LEDベースライト「スクエアシリーズ」スクエア光源タイプ)
    方向性のない均一な光の広がりを実現する面発光(写真は、一体型LEDベースライト「スクエアシリーズ」スクエア光源タイプ)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中