2018年 8月 22日 (水)

福島千里、東京五輪の鍵は「ミルクプロテイン」? アスリート注目の栄養素

印刷

   株式会社 明治とフードバレーとかち推進協議会は2017年6月2日、乳の価値向上の推進を目的とした包括連携協定を締結し、北海道・帯広市内で調印式を行なった。

   この日は、ゲストに陸上女子短距離の福島千里選手(28)も登場し、「ミルクプロテイン」という栄養素の魅力を語った。

  • 福島千里さん
    福島千里さん
  • (左から)明治・川村和夫社長、フードバレーとかち・米沢則寿会長
    (左から)明治・川村和夫社長、フードバレーとかち・米沢則寿会長
  • 海老久美子教授
    海老久美子教授
  • ミルクプロテインの効果
    ミルクプロテインの効果
  • ミルクプロテインの価値
    ミルクプロテインの価値
  • 握力の測定結果
    握力の測定結果
  • 立ち幅跳びの測定結果
    立ち幅跳びの測定結果

スポーツに携わる人は要注目

   「ミルクプロテイン」とは、牛乳に含まれるたんぱく質を指す。

   (1)必須アミノ酸のバランスが良い(2)筋肉の合成促進効果が高いーーなどの特徴があり、良質なタンパク質の摂取が望ましいプロアスリートの間でも愛飲者は多い。

   明治が、白樺学園高校(北海道河西郡)の運動部115人を対象にした調査によると、ミルクプロテインを継続的に摂取したグループ(58名)は、そうでないグループ(57名)に比べ、上肢筋力の指標の一つである「握力」と、下肢筋力の指標の一つである「立ち幅跳び」の測定結果が優位に増加していた。

   長年にわたり高校の部活生と栄養の関係について研究を重ねてきた立命館大学の海老久美子教授(栄養学)も、この「ミルクプロテイン」効果に、期待を寄せる。

部活生こそミルクプロテイン

   「成長期にあたり、また、体力の消耗が激しい部活生は、栄養の必要量が多いため、成長とトレーニングに見合う食事を継続的に摂取することが理想的です」

   こう話す海老教授は、部活生であれば朝昼夕の3食に加え、体作りの決め手となる「間食」を推奨する。運動後に早いタイミングで摂取し、それを継続することが強いカラダ作りに貢献するというのだ。そこで、

「手軽に摂取できて、消化吸収も良いミルクプロテインが間食に適しています」

と提言する。

   それを実践しているプロアスリートの一人が福島選手だ。毎食ミルクプロテインを含む乳製品を摂取することを心がけている。

「2020年の東京オリンピックを目指して、食事も含めてトレーニングだと思って日々頑張りたい」

と話す福島選手。特に夏場は食欲が落ち体重が減りがちのため、手軽に摂れるミルクプロテインは重宝しているそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中