2022年 5月 26日 (木)

学生の8割が「多忙」 社会人超える

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「仕事忙しくて平日なんも出来なくて、あっと言う間に土日になる...」「バイト勉強サークルで詰め詰め」...。

   SNSのタイムラインを眺めると、忙殺される日々の「叫び」が数多く目に入る。時計ブランド「セイコー」(東京・中央区)は、そんな悩ましい「時間」に関する興味深い調査を発表した。

  • 時間を上手に「マネジメント」できていますか?
    時間を上手に「マネジメント」できていますか?
  • 時間に追われていると感じますか?
    時間に追われていると感じますか?
  • 時間に関する意識や行動
    時間に関する意識や行動
  • )時分の1時間の価格
    )時分の1時間の価格
  • 最も大切にしている時間帯ヒートマップ
    最も大切にしている時間帯ヒートマップ
  • 最も大切にしている時間帯トップ3
    最も大切にしている時間帯トップ3
  • 時間を上手に「マネジメント」できていますか?
  • 時間に追われていると感じますか?
  • 時間に関する意識や行動
  • )時分の1時間の価格
  • 最も大切にしている時間帯ヒートマップ
  • 最も大切にしている時間帯トップ3

とにかく「多忙」な現代人

   調査は2017年5月12日~13日の期間、10代から60代の男女1200名を対象に行われた。

   まず、「時間に追われていますか」との問いには、全体の69.1%がそう感じると回答した。階層別でみると、トップは学生の83.6%で、2位の社会人(71.4%)を10ポイント以上上回った。

   長時間労働が問題となっているように、学生に比べ社会人の方が「多忙」なイメージがあるが、年を重ねるごとに時間の「マネジメント術」が上達するのだろうか。

   それでは、具体的にどういった「マネジメント術」を実践しているのか。多かった順に以下となった。

「物事を始める前に、おおよその目安の時間を計算して行動」(68.3%)
 「何事も効率的に進められるよう工夫」(66.5%)
 「その日どうやって過ごすかを事前にスケジュールを決めて行動」(55.9%)
 「一日を有意日に過ごすため朝の時間を大切にする」(46.1%)
 「一つのことに集中せず、複数のことを同時に行う」(46.0%)

   「スケジューリング」「朝活」「マルチタスク」――この3つがポイントのようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!