2019年 10月 22日 (火)

こまめに食べる新習慣 「宇治抹茶のミニビスケット」「クランベリーと大麦シリアルのビターチョコ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   森永製菓は、「ヘルシースナッキング」から「宇治抹茶のミニビスケット」「クランベリーと大麦シリアルのビターチョコ」を、2017年6月13日にコンビニエンスストアで先行発売する。

  • 食感にも気を配った仕上がり
    食感にも気を配った仕上がり

1日200kcalを上限

   1月から発売された「スマートな食習慣」を提案するブランド。1日200kcalを上限としてこまめに食べれば、ドカ食いや極端な空腹が避けられるとする考えに基づいて開発された。糖質の吸収を緩やかにする「食物繊維」や腹持ちの良い「たんぱく質」を含んでいる。

   「宇治抹茶のミニビスケット(137円)」は宇治抹茶とローストした玄米を使用。カリカリ食感がアクセントとなっている。食物繊維 5.6g、たんぱく質 3.9gを含み178Kcal。

   「クランベリーと大麦シリアルのビターチョコ(119円)」はクランベリー、大麦シリアルが入った、素材ぎっしりのチョコレート。ビターチョコと相性の良いクランベリーがアクセントになっている。大豆たんぱく入り。食物繊維 5.1g、たんぱく質 4.7gを含み139Kcal。

   価格はいずれも税抜。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!