ブランドイチゴ「さちのか」を約25粒削ったかき氷 青森で1日10食限定販売

印刷

   青森県八戸市の果物とスイーツの専門店「フルーツ&パーラーおだわら」は、2017年6月16日から、地元八戸産のイチゴ「さちのか」を凍らせて作った「果物屋の丸ごと苺のかき氷」を販売する。

  • 果物屋の丸ごと苺のかき氷
    果物屋の丸ごと苺のかき氷

食感もふんわり

   八戸産の新鮮な、さちのかのみを厳選し1杯のかき氷に約25粒のイチゴを使っている。ひと口食べれば、「さちのか」本来の甘酸っぱさが広がる。氷ではなくイチゴを削っているので、食感もふんわりで、イチゴ好きにはたまらない1杯だ。

   数に限りがあるため、1日限定10食、8月下旬までの販売予定。

   価格は800円(税別)。

   場所は、青森県八戸市内丸3-4-3。本八戸駅から徒歩5分。

   イチゴマニア、かき氷ファンの人は夏休みに立ち寄ってみてはどうだろう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中