「たまごサンド」戦国時代 話題の「神3」、どれが食べたい?

印刷

   調理パンの中でも圧倒的な地位を誇る「たまごサンド」。軽食の定番として、長年愛されてきた「功労者」といえよう。

   そんなたまごサンドにここ最近、異変が起きている。革命的な変わり種「たまごサンド」が、SNSを中心にインターネット上を賑わせている。今回は、その中から厳選した3品をご紹介。実際に記者が食べてみた。

たまごサンドの「神3」
たまごサンドの「神3」

以下、眼福が続きます。

   トップバッターは、ローソンで販売している「たまご好きの為のたまごサンド」(税込298円、389kcalカロリー)。

左から「たまごサラダ」「ゆで玉子」「玉子焼き」「スクランブルエッグ」
左から「たまごサラダ」「ゆで玉子」「玉子焼き」「スクランブルエッグ」

   「たまごサラダ」「ゆで玉子」「玉子焼き」「スクランブルエッグ」とたまご界のレジェンドが一堂に会し、サンドされている。まさにオールスター状態だ。

   味付けも、マヨ(たまごサラダ)、タルタルソース(ゆでたまご)、辛子マヨ(玉子焼き)、ケチャップ(スクランブルエッグ)と、それぞれ違った味を堪能でき、商品名は伊達じゃない。たまごファンも納得の1品といえよう。

上から「たまご」「たまご」「たまご」「たまご」
上から「たまご」「たまご」「たまご」「たまご」

   特筆すべきは「玉子焼き」「スクランブルエッグ」の2つ。サンドイッチでこれらを挟む機会は珍しいが、そこは万能食材。どちらもパンと相性抜群だった。

天才か!? ファミマの「親子サンド」

次は、ファミリーマートの「たまごサンド」(税込198円、302kcal)&「ファミチキ」(税込180円、242kcal)。

じゅわじゅわ~~
じゅわじゅわ~~

   この意外な組み合わせが耳目を集めたのは、ABC朝日放送アナウンサーの北村真平さん(32)が2017年6月5日、ツイッターに投稿したこんな賛美だ。

「『ファミマのたまごサンドにファミチキはさんでみな』知り合いの料理人から教えてもらった。ひとつ屋根の下にいながらすれ違っていた親子が、口の中で優しく抱擁しあっている」

   このツイートはまたたく間に拡散され、リツイート数は23日時点で4万8000にのぼる。

北村アナに感謝です
北村アナに感謝です

   なぜこの親子デュエットが定番化していなかったのか、はなはだ疑問に感じるほど絶妙なハーモニーを醸す。柔らかくてジューシーな鶏肉の旨みが口いっぱいに広がり、それをたまごが受け止めてくれる。

   今回はプレーン味で試したが、レッドホット味でも間違いなく美味いはず。なお、かなりのボリュームのため、中身が飛び出すおそれがあるのでお気を付け下さい。

悪魔のサンド

   最後は、悪魔という冠がついた「デビルドサンド」(税込440円、カロリー非公表)。東京・神谷町にあるベーカリー「3206(サンニイゼロロク)」でお買い求めいただける。

これはいろんな意味で悪魔!
これはいろんな意味で悪魔!

見た目のインパクトとネーミングの妙も相まって、若い女性を中心にインスタグラムで話題となっている。

   輪切りのゆで卵を、「これでもか」というほどサンドし、飛び出さないか心配になるほど存在感を放つ。タルタルソースの味付けをベースに、クリームチーズとはちみつでまろやかな仕上がりとなっている。

たまご何個使ってるんだ...!
たまご何個使ってるんだ...!

   ピクルスとからしバターがアクセントとなっているため、ボリューミーだが最後まで飽きずに楽しめる。コレステロール、カロリー...想像しただけでぞっとするが、この背徳感も、また良い。

以上、3商品の中からお気に入りは見つかっただろうか。たまごサンドファンも、そうでない人も、ぜひお試しいただきたい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中