あの強烈シーンが蘇る 北斗の拳の極悪キャラ「ジャギ」、等身大胸像が発売

印刷

   人気漫画「北斗の拳」の究極の悪党といえば「ジャギ」をおいてほかにない。主人公ケンシロウの義兄なのに、残虐な手口でケンシロウの評判をおとしめようとした。例えば、ジャギの手下がジャギの胸像を指差し、弱い人々に「あの お方の名をいってみろおーっ!!」と問いただし、答えられない者を次々と殺していった。

   フィギュアメーカーの海洋堂(大阪府門真市)は2017年6月24日、そんな強烈シーンの象徴をモチーフにした、ジャギの等身大胸像を発売する。

  • これがソフトビニール素材なんて
    これがソフトビニール素材なんて
  • 玄関に置いても見栄えがする
    玄関に置いても見栄えがする
  • 一般女性の上半身を覆い隠すほどのサイズ
    一般女性の上半身を覆い隠すほどのサイズ

重そうに見えて軽量なビニール素材

   どうしようもないほどひねくれた性格なのに、ビジュアルだけは格好いいジャギ。作中そのままの姿ではなく、造形アレンジを加えた胸像は、悪役キャラクターという枠を大きく越える圧倒的な存在感を放っている。マスクの中の醜悪な素顔もリアルに描写しており、見ているだけで背筋が寒くなるほど。

   金属を思わせる質感と巨大な1/1サイズにより、一見すると相当の重量があるように見える。実物は軽くて丈夫なソフトビニール素材で成型しており、女性でも簡単に持ち上げられる。破損しにくく手軽に取り扱えるのも魅力だ。

   塗装は、フルカラー彩色ではなくブロンズ風の彩色仕上げ。深みのある艶は存在感があり、自宅のリビングや玄関などに飾っても違和感なくマッチする。見本塗装は「センム」の愛称でおなじみ、海洋堂の宮脇修一社長が担当した。

   サイズは全高約700mm。希望小売価格は5万3784円(税込)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中