2019年 5月 25日 (土)

ホストが抱える「ポイ捨て」問題 元コンサルの人気ホストに聞く

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   言わずと知れた東京屈指の繁華街・新宿歌舞伎町。ネオン煌めく不夜城には、300近いホストクラブがひしめいている。

   近年になり、「ネオホスト」「出張ホスト」「女子会利用」など時代のニーズを反映したトレンドが勃興し、飽くなき女性たちの欲望を満たしているが、長年業界にはびこる「ある課題」は依然として横たわったままだ。

   J-CASTトレンドでは、大手ホストクラブの広報担当者と現役ホストに、業界の「裏側」を聞いた。

  • 葵未来さん
    葵未来さん
  • 葵未来さん
    葵未来さん
  • 『Y+ワイプラス』2017年6月号
    『Y+ワイプラス』2017年6月号

パーカーで接客

   読者は、ホストに対しどんなイメージをお持ちだろうか。ギラギラしたスーツに身を包み、明るめの髪を整髪料でがっちりセット――こんな姿を思い浮かべる人は少なくないのでは。

   だがここ数年、カジュアルな服装や髪形を志向する「ネオホスト」と呼ばれるキャストが一般化し始めている。短髪黒髪にパーカーと、ラフな格好での接客が珍しくない。

   主な要因として、ホストの「低年齢化」が挙げられるという。歌舞伎町を中心に23店舗のホストクラブを経営する「冬月グループ」の広報・井上氏は、

「これまでは20代半ばのキャストが中心でしたが、大学生など若いキャストが増え、彼らがカジュアル化をけん引したと思います」

と推測する。

   2013年には、ネオホスト向けの月刊誌『Y+ワイプラス』(電王堂出版)も誕生。一般的な男性向けファッション誌と見違えるような誌面作りが特徴で、流行りのファッションや接客術などを紹介している。

   それに伴い、客層も拡大した。これまでは年配女性や、キャバクラなどで働くいわゆる「夜職」の来店が多かったが、女子会や仕事終わりに訪れる若い女性も増えている。

   多様化したニーズを受けとめるべく、業態もバラエティ豊かに発展を続ける。従来のフリータイム制のホストクラブに加え、時間料金制で居酒屋などを利用するのと変わらない手軽さが魅力の「メンズキャバクラ」や、店舗以外で甘いひと時を過ごせる「出張ホストクラブ」、男女同伴客を対象にダンスやDJなどのショーが繰り広げられる「サパークラブ」など新たなプレイヤーの参入が目立つ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中