2019年 3月 21日 (木)

パナソニックから「2万円」ハンガー 「誰が買うんだろうか」「高いが欲しい」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   パナソニックは2017年9月1日、「脱臭機能」がついた衣類用ハンガーを発売する。

  • 脱臭ハンガー MS-DH100(プレスリリースより)
    脱臭ハンガー MS-DH100(プレスリリースより)
  • 脱臭ハンガー MS-DH100(プレスリリースより)
    脱臭ハンガー MS-DH100(プレスリリースより)
  • 脱臭ハンガー MS-DH100(プレスリリースより)
    脱臭ハンガー MS-DH100(プレスリリースより)
  • 脱臭ハンガー MS-DH100(プレスリリースより)
    脱臭ハンガー MS-DH100(プレスリリースより)

「目の付け所がPanasonic」

   服に付いたニオイのケアといえば、クリーニングや消臭スプレーが一般的だ。この商品は、衣類をハンガーにかけるだけで、付着したイヤなニオイを分解脱臭し、さらに花粉も抑制してくれる。

   ハンガーにはファンが内蔵されており、8つの吹き出し口から微粒子イオン「ナノイーX」 を放出、衣類全体にいきわたらせる。付属の衣類カバーを装着して使用すれば、内側だけでなく外側もケアできる。

   運転は、通常モード(約5時間)と、特にニオイや花粉が気になる時のロングモード(約7時間)の2つ。コンセント・モバイルバッテリーで運転可能。

   電気代は1回1円以下と経済的で、毎日気兼ねなく使用できる。価格はオープン(店頭予想価格は2万円前後)。

   ツイッターやネットの掲示板では、

「目の付け所がPanasonic」
「誰が買うんだろうか」
「高いが欲しい」
「よく企画会議通ったな」

といった反応が挙がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中