2019年 10月 17日 (木)

「おっぱいのプロ」に、聞きにくいこと聞いてきました ―ギャルウォッチ独占取材―

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   女性にとって永遠のテーマとも言える、美バスト。

   最近では、バストアップのために専門のエステに通う女性も増えるなど、関心は高まりつつあるようです。

   そこで、今回は約1000人のバストを施術してきたと言う、元バストアップエステティシャン・Sさんにインタビューを実施。リアルなバスト事情をはじめ、現代の女性達が抱えているバストの悩みについても語ってもらいました。

Sさん、よろしくお願いします!
Sさん、よろしくお願いします!

豊胸手術をした人はわかるの?

   ―元エステティシャンとのことですが、主にどういったお仕事をされていたんですか?

   S:痩身エステ・フェイシャル・リラクゼーション・ブライダルエステ・脱毛など様々なことを行っておりましたが、主にバストを専門に施術しておりました。

   ―どのぐらいお勤めされていたんですか?

   S:美容の専門学校に行っていたこともあり、その繋がりで約4年間、勤務しておりました。

   ―これまで様々なお客様の施術をされてきたと思いますが、バストにおいてはどういった悩みを抱えていた方が多かったですか?

   S:年齢も若い方からご年配の方までそれぞれでしたが、若い方は、「もうちょっと大きくしたい」といった悩みから、夏がくる前には、「綺麗に水着を着こなしたい」など...。ご年配の方だと、年齢とともに垂れ下がってくるバストにハリをもたせたいといった悩みが多かったですね。

   ―特に驚いた悩みはありましたか?

   S:悩みというより、豊胸手術された方で中には不自然な方もおりました。一部の方だけかもしれませんが、豊胸手術をされた方は仰向けになってもバストが自然と流れることがないので不自然に見えてしまうんですよね。

   ―豊胸手術をされた方は、触ったらわかるものですか?

   S:私の場合は、触る以前に見ただけで「あれ?もしかして?」と違和感に思ったことが何度かありました。ただ、豊胸の中でも注射で行うヒアルロン酸豊胸術だと気付きにくかったですね。

【grp】 grpとは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!