少女コミック誌の付録「あまい初体験BOOK」に賛否 「18禁コーナーへ」「なんか問題ある?」

印刷

   少女漫画誌「sho-comi(ショウコミ)」(小学館、旧誌名「少女コミック」)の2017年7月20日号の内容をめぐり、ネット上で物議を醸している。

   付録別冊「あまい初体験BOOK」が過激すぎるというのだが、どういった内容なのか――。

  • (左)7月20日号(右)「あまい初体験BOOK―オンナノコ目線―」
    (左)7月20日号(右)「あまい初体験BOOK―オンナノコ目線―」
  • 「あまい初体験BOOK―オンナノコ目線―」
    「あまい初体験BOOK―オンナノコ目線―」
  • 「あまい初体験BOOK―オトコノコ目線―」
    「あまい初体験BOOK―オトコノコ目線―」

攻めすぎて批判にさらされることも

   1968年創刊の「ショウコミ」は、「女子中高生」をターゲットに、「王道少女マンガ誌」をうたっている。

   中高生男女の恋愛模様を描いた作品を多数掲載し、現在連載中の少女漫画「兄に愛されすぎて困ってます」(夜神里奈原作)は、17年6月30日に実写映画化された。

   人気マンガを多数輩出し、ターゲット層には絶大な人気を誇る同誌。だが一方で、一部の「攻めた」漫画が批判にさらされることも少なくない。

   日本PTA全国協議会の2006年度「子どもとメディアに関する意識調査」では、子どもに読ませたくない雑誌として1位に選ばれた。「性に関する記述が多く不要な興味をかき立てる」などといった理由が挙げられている。

   また、茨城県が2010年に施行した「青少年の健全育成等に関する条例」では、「著しく青少年の性的感情を刺激するおそれがある」として有害図書にも指定された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中