広島・赤松、半年間の抗がん剤治療終了を報告 11日から3軍に合流

印刷

   16年12月28日に「胃がん」を患っていることを公表し療養中だった広島カープ・赤松真人外野手(34)が、実戦復帰を果たした。

  • 赤松選手の公式ブログより
    赤松選手の公式ブログより

「これ以上の言葉が見つかりません」

   赤松選手は7月12日、約2か月半ぶりに自身のブログを更新した。7月7日に半年間におよんだ抗がん剤治療を終え、11日から3軍に合流したことを報告。

「今は本当にやさしい練習ですが、今の自分にしたらかなりしんどいです。しんどいですが楽しいです!病気になったことで気付かされることだらけです!」

と現在の心境を明かし、

「これから徐々にトレーニングがキツくなりますが、動ける有り難さを胸に刻み頑張ります!」

と決意をつづった。

ブログのコメント欄には、

「三軍復帰 おめでとうございます? 焦らず ゆっくり 身体を回復させて下さい。応援してます」
「赤松選手、おかえりなさい。これ以上の言葉が見つかりません。38番、赤松真人!」
「広島市内の病院で大きな手術をしました。赤松さんが頑張ってるから私も!って頑張れてます。カープの事も、赤松さんの事も応援してます!」

など暖かい声が多数寄せられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中