2018年 11月 16日 (金)

生米からごはんが炊ける弁当箱 ひとり暮らしの炊飯器代わりにも

印刷

   サーモスは「サーモス ごはんが炊ける弁当箱(JBS-360)」を2017年9月1日から発売する。

  • チンして待てばあったかごはんの完成
    チンして待てばあったかごはんの完成

専用ポーチ付き

   生米と水を入れてレンジで8分加熱。30分保温すればごはんが炊ける弁当箱。同社ならではのステンレス製魔法びん構造による高い保温力で蒸らすため、忙しい朝でも浸水の時間は必要ない。保温もできるのでランチタイムに温かいごはんが気軽に食べられる。保温中は電気を使わないので省エネにもなり、ひとり暮らしの炊飯器代わりとしてもおすすめだ。容量は1食分の0.7合、カラーはブラックとホワイトの2色をラインアップする。持ち運びに使える専用ポーチ付き。

   希望小売価格は6000円(税抜)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中