10地域の「ご当地アイス」が有楽町に集結 変わり種もあるよ!

印刷

   全国各地のアンテナショップが集まる東京・有楽町の「東京交通会館」で、各店舗が地元と特産を活かした「ご当地アイス」を販売し、投票数でNo.1を決める、「ご当地アイス対決!in有楽町 交通会館」が、2017年8月3日からスタートする。

  • 全国の名物アイス食べ歩き
    全国の名物アイス食べ歩き
  • かぼすソフト(おおいたアンテナショップ温泉座)
    かぼすソフト(おおいたアンテナショップ温泉座)
  • ハスカップソフトクリーム(丘のまち美瑛・丘のまちCAFE)
    ハスカップソフトクリーム(丘のまち美瑛・丘のまちCAFE)
  • 夕張メロンソフトクリーム(北海道どさんこプラザ)
    夕張メロンソフトクリーム(北海道どさんこプラザ)
  • れんこんジェラート(徳島・香川トモニ市場)
    れんこんジェラート(徳島・香川トモニ市場)
  • コウノトリのお米アイス(コウノトリの恵み 豊岡)
    コウノトリのお米アイス(コウノトリの恵み 豊岡)
  • あまおうソフトクリーム(THE 博多)
    あまおうソフトクリーム(THE 博多)

れんこんジェラート、どんな味?

   各地の魅力をアイスを通して知ってもらおうと、各アンテナショップが共同で企画した初開催のイベントだ。

   発起人である大分県からは「かぼすソフト」(500円)、徳島・香川県からは「れんこんジェラート」(500円)、兵庫県豊岡市からは「コウノトリのお米アイス」(380円)と、個性豊かでユニークなアイスがそろう。

   もちろん"王道"も健在だ。博多の「あまおうソフトクリーム」(400円)、北海道からは「夕張メロンソフトクリーム」(390円)、北海道美瑛町からは「ハスカップソフトクリーム」(462円)などなど。どれも、一度は食べたい贅沢な味だ。

   期間は、8月3日~13日まで。「おいしいで賞」「ユニークで賞」「フォトジェニックで賞」3部門と、各部門の合計票数で競う「総合ランキング」が決定する。

   エントリーアイスは投票期間が終わっても、8月31日まで販売予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中