2019年 12月 13日 (金)

「美おっぱいコンテスト」グランプリに聞く ―ギャルウォッチ独占取材―

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2016年10月に開催された「美おっぱいコンテスト」。

   花で作られたレイでバストトップを隠したファイナリストが登壇した最終選考は、様々なニュースメディアに取り上げられ、大きな話題を呼びました。

   そんな中、グランプリに選ばれたのは、95cm/Fカップという「美おっぱい」の持ち主・中岡龍子さん。

中岡龍子さん
中岡龍子さん

   今回は、そんな彼女にギャルウォッチがインタビューを実施。約9か月が経った今、グランプリに輝いた「あの時の気持ち」に迫りました。

努力してきた成果を見せられる時

   ―初代「美おっぱいコンテスト」グランプリ、おめでとうございます。まずは受賞した時の気持ちを教えてください。

   中岡:あの時は、本当に頭が真っ白になりました。名前を呼ばれた瞬間「えっ?えっ?」とかなり動揺したことを覚えています。選考を重ねるごとに自分に自信が付いていく気持ちもありましたが、最終審査では周りがタレントさんやモデルさんだったこともあって怖気付いていたんです。でも、自分がグランプリだと分かった時は涙が出るぐらい嬉しくて、「おっぱいに関しては自信を持っていいんだ」って改めて感じる瞬間でもありました。

   ―グランプリを受賞し、何か生活は変わりましたか?

   中岡:生活というか、おっぱいへの考え方がだいぶ変わりました。見られることを意識するようになったので、歩いている時も姿勢を真っ直ぐ正しくするようにしています。見られることを意識すると、自然と「自分磨き」といった課題も見えてくるんです。

   ―では、同コンテストに応募しようと思ったキッカケは何だったのでしょう?

   中岡:友人が見付けてくれて、「出てみたら?」って言ってくれたことがキッカケでした。最初はもちろん「自分に出来るかな」と不安もありましたが、おっぱいに関しては、毎日マッサージやケアをしていたこともあり、努力してきた成果を見せられる時じゃないかなとも思い、応募しました。

trend_20170728150721.jpg

   ―ファイナリストに残った時は、誰かに報告しましたか?

   中岡:家族と、このコンテストを教えてくれた友人、そして地元の親友です。親からは「自分がやりたいことを頑張って!」と言ってもらえ、友人・親友からはいつも背中を押してくれるような言葉を掛けてもらいました。

【grp】 grpとは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!