セブンティーンアイス、どれを選ぶ? ネットで議論ぼっ発

印刷

   1985年の発売以来、30年以上愛されているグリコのロングセラー商品「セブンティーンアイス」。駅のホームなどに設置された専用の自動販売機でのみ販売し、その数は全国で約2万台にものぼる。

   名前の通り、常時17種類をそろえるが、期間限定商品を含めるとこれまで200種類以上世に送り出された。「何を買おう...」と、自販機の前で決めあぐねた経験がある人も少なくないはず。今回は、読者の投票をもとに人気ナンバーワンの種類を決めていく。

専用の自動販売機(WikimediaCommonsより/Asanagiさん撮影)
専用の自動販売機(WikimediaCommonsより/Asanagiさん撮影)

大きく分類すると4タイプ

   セブンティーンアイスの「味」をめぐる議論は、インターネット上でたびたび起こる。2017年7月27日にも、ネットの掲示板で専用のスレッドが立ちあがり、

「いつもチーズ系のどれか」 「コーンあるものを買った方が得ですよね」 「プロの俺はさっぱりしたいときはチョコミント」

など侃々諤々(かんかんがくがく)の議論がなされている。

   セブンティーンアイスは、(1)ワッフルコーンを使った「コーンタイプ」(2)3つの穴が開いた棒に刺さった「スティックタイプ」(3)パリッとしたモナカでアイスを包んだ「モナカタイプ」(4)微細氷を入れたシャーベット状の「ブロータイプ」――の4種類に大きく分かれる。

   「コーンタイプ」は、

・ワッフルコーンバニラ
・ワッフルコーンショコラ 生チョコ仕立て
・ストロベリーサンデー
・抹茶 抹茶生チョコ仕立て
・キャラメルリボン
・マンゴーのチーズケーキ

の6種類。

ワッフルコーンショコラ、抹茶、ストロベリーサンデー、ワッフルコーンバニラ
ワッフルコーンショコラ、抹茶、ストロベリーサンデー、ワッフルコーンバニラ

   「スティックタイプ」は、

・クッキー&チョコチップ
・チョコミント
・グレープシャーベット
・ソーダフロート
・ミルク&カフェオレ
・ピーチ&ラズベリー
・みかんシャーベット

の7種類。

(右上から時計回りに)チョコミント、ソーダフロート、グレープシャーベット、クッキー&チョコチップ3
(右上から時計回りに)チョコミント、ソーダフロート、グレープシャーベット、クッキー&チョコチップ3

   「モナカタイプ」は、

・ミルクあずきモナカ
・チョコナッツバニラモナカ

の2種類。

   そして、「ブロータイプ」も、

・クールサイダー
・メロンソーダ

の2種類だ。

(右上から時計回りに)ミルクあずきモナカ、クールサイダー、メロンソーダ、チョコナッツバニラモナカ
(右上から時計回りに)ミルクあずきモナカ、クールサイダー、メロンソーダ、チョコナッツバニラモナカ

さて、腹は決まっただろうか。以上17種類から、読者の「推し」を投票お願いします。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中