「gooのスマホ」第6弾モデル「g06+」 メモリーやストレージがアップ

印刷

   ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント(東京都港区)は、「gooのスマホ」第6弾モデルをバージョンアップしたスマートフォン「g06+(グーマルロク・プラス)」を、通信サービス「OCN モバイル ONE」とセットで2017年7月31日に発売した。

  • 4.0型コンパクト「gooのスマホ」、より使いやすさアップ
    4.0型コンパクト「gooのスマホ」、より使いやすさアップ

データ通信専用や音声対応SIMを用意

   前モデル「g06」から、OSを「Android 7.0」をプレインストールしたほか、メモリーを2GB、内蔵ストレージを16GBへ向上するなどパワーアップ。

   汚れても水洗い可能な背面カバーは標準の「gooRed(グーレッド)」のほか、ブラック、インディゴ、ライトブルー、イエロー、ピンクの5色から1色を選択でき、気分や利用シーンに合わせて付け替えられる。

   そのほか主な仕様は、4.0型WVGA(800×480ドット)IPS液晶ディスプレイを搭載。microSDXCメモリーカード(最大128GB)対応。500万画素メイン、200万画素サブカメラを装備。microSIM×2のデュアルSIMスロット仕様。バッテリー容量は1700mAh。IEEE802.11 b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポートする。

   価格は7800円(初期費用3000円を含む)。

   「OCN モバイル ONE」は、データ通信専用SIMが月額900円~、音声対応SIMが月額1600円~などを用意する(価格は全て税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中