2020年 10月 1日 (木)

俺たちは氷室京介を卒業できない
骨折と雷雨中断のリベンジライブ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「LAST GIGS」とは全く違うライブ感

   それから約1年9か月後、「どこかでこのリベンジを」という約束が果たされたのが、2016年4月からのドームツアー「LAST GIGS」だった。大阪・福岡・名古屋・東京の計7本。正真正銘の「LAST」となった東京ドームは5月21,22,23日の三日間。16万5千枚のチケットの応募は約40万枚。ステージ裏まで埋め尽くされていた。衝撃の発表となったツアーファイナル、天変地異と骨折という二重の悪条件と戦った横浜スタジアムとは全く違う、客席の大合唱と清々しいくらいの笑顔の中で終了した。最終日、5月23日は、演奏時間3時間半、35曲。BOO/WYから数えて35年のキャリアを生涯最高のライブで締めくくった。

   彼の29回目のソロデビュー記念日、7月21日から、「LAST GIGS」の模様を収めたフィルムコンサートツアー「THE COMPLETE FILM OF LAST GIGS」がスタートしている。映画監督でもある映像デイレクター、Higuchinskyが新たに編集した映像は、すでに作品として発売されている「LAST GIGS」とは全く違うライブ感を伝えている。初日の会場となった調布グリーンホールは、ライブ同様の照明が施され、スクリーンに映し出された氷室京介に合わせて満員の客席が声をあげて歌という、まるでライブ会場と化していた。

    「LAST GIGS」に向けて発売され、チャート一位に輝いた初のオールタイムベストアルバム「L'EPILOGUE」のキャッチコピーは「俺たちは氷室京介を卒業できない」。フィルムコンサートでもその言葉が使われている。

   フィルムコンサートツアーは、全国36か所37公演。10月20日の金沢市文化ホールまで続いてゆく。

   異例の大規模フィルムツアーは、どんな伝説になるのだろうか。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!