非大卒者の多くは「学歴」で後悔? 4人に1人が年収200万円未満、やりたい仕事に就けない

印刷

   大手前大学の通信教育部が20~40代の大卒者と非大卒者に実施したアンケート調査で、社会人で働き出した後に「勉強不足」を後悔した非大卒者が半数以上にのぼると分かった。

   具体的に後悔した場面については、「就きたい仕事に就けなかった」など、さまざまなエピソードが寄せられた。

  • 大学へ行けばよかった?(写真は、イメージ)
    大学へ行けばよかった?(写真は、イメージ)
  • 「600万円以上」の非大卒者は、計8.4%
    「600万円以上」の非大卒者は、計8.4%

半数以上は、大学を卒業すれば良かったと後悔

   アンケート調査は2017年7月24~26日、20歳から49歳までの500人を対象にインターネット調査で行われた。半分は大卒者、もう半分は非大卒者で占めている。

   「社会に出る前にもっとやっておくべきだったと後悔していること」を聞いたところ、非大卒者の53.2%が「勉強不足」と回答した。人間関係(34.4%)や「もっと遊んでおけば良かった」(31.6%)を引き離し、最も割合が高かった。

   非大卒者に大学を卒業せず後悔したことがあるか聞くと、「何度もある」15.2%、「何度もではないがある」24.4%、「どちらかと言えばある」17.2%。半数以上は後悔したことがあるようだ。

   さらに具体的に後悔したエピソードを聞くと、さまざまな不満や鬱憤が寄せられ...

「基本給が違う」
「就きたい仕事に就けなかった」
「会社募集欄に、大卒以上と書かれていた時」
「上司に怒られた際に、大卒であった同僚と比べられた」
「『大学いってないから考えられないんじゃない?』と言われたとき」
「就職がなかなかできなかったので、妻に不安をぶちまけられた」
「(結婚)相手の親に悪い印象を持たれた」
「『楽してる』みたいに言われた」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中