2019年 9月 19日 (木)

IT社長「起業家は筋トレした方が良い」 これホント?専門家に聞くと...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

キーワードは「ホルモン」

   秋吉社長がとなえた「自論」は、専門家の目にどう映るのか。

   日本筋力トレーニング推進協会の佐藤健一代表理事は2017年8月8日、J-CASTトレンド編集部の取材に対し、

「その通りだと思います」

と、前述の主張を認めた。

「男性ホルモンの一種『テストステロン』の分泌による精神面の安定はもちろんですが、集中力や積極性が増す作用もあるので、会議でアグレッシブに議論したい場合などに一役買うでしょう」

と補足する。

   加えて、筋トレ時に発生する「マイオカイン」「成長ホルモン」「セロトニン」の効果も指摘する。

   「マイオカイン」は、筋肉自体から分泌する30種類あるホルモンの総称だ。これらが精神衛生の向上やアンチエイジングに貢献する。

   また、脳の下垂体から出る「成長ホルモン」も、充足感につながるという。

「このホルモンは、筋トレ時とともに、眠りが深くなる『ノンレム睡眠』中にも分泌されます。筋トレをすると、適度な疲労で熟睡しやすくなるので、分泌を促しやすくなると言われています」

   筋トレのように、一定の動作・リズムで反復運動すると発生するセロトニンは、別名「幸福ホルモン」とも呼ばれる。名前の通り、幸福感に寄与する働きをもつ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中