夏休みにリラックスして聴きたい、北欧フルメリーの「田園組曲」

印刷

   勤勉で休みを取らない日本――。国際的にはそういったイメージがありますが、法定休日は欧米諸国と比べてもかなり多く、「法律で祝日を決めないと皆休まない」国民性を表している、とも言われます。そんな日本でも8月の中旬、いわゆる「お盆期間中」は休みを取る人も多く、帰省ラッシュ、U-ターンラッシュのニュースとともに、「数少ない、社会人も堂々と休める期間」となっています。

   今日は、そんな少しのんびりしたお盆休みに聞くのをお勧めしたい、素敵な組曲、北欧の作曲家フルメリーの「フルート、弦楽とハープのための田園組曲 Op.13b」を取り上げます。

  • フルメリ―の肖像
    フルメリ―の肖像
  • ピアノを弾くフルメリ―
    ピアノを弾くフルメリ―

高名なピアニストに師事

   1908年、建築士の父を持ち、スウェーデンのストックホルム郊外に生まれたグンナル・デ・フルメリーは地元スウェーデンの音大で学び、その後ウィーンに留学します。フランツ・リストの高弟だったピアニストにして作曲家、エミール・フォン・ザウアーに師事して学びます。北欧系の音楽家は、地理的条件と、言語的にゲルマン語系であるということもあり、音楽先進国に留学する、ということになるとドイツ語圏を選びがちです。フルメリーもその例にもれず、ウィーンをまず留学先に選んだのですが、この後、彼はさらに、別の国に渡ります。オーストリアやドイツとは文化的にも言語的にも対照的な国、フランスのパリに移動するのです。

   パリでは高名なピアニスト、アルフレッド・コルトーに師事します。交通の便利になった現代でこそ珍しくない「国を変えての留学」ですが、フルメリーがウィーンとパリという2か所に留学先を選んだのは、どちらにも高名なピアニストが居住し、弟子をとっていたからと推測されます。彼は若いころ、ピアニストを志向していたことがわかります。彼はパリから帰国し、地元ストックホルムの音楽院でさらに学んだあと、母校で今度は教鞭をとることになります。

   北欧の作曲家はドイツ語圏留学が多い・・・と書きましたが、留学先の作風に人間ですからどうしても影響されます。したがって、北欧の作曲家の作品は「ドイツ風」のものが多く見受けられます。しかし、フランスは19世紀末から20世紀初頭にかけて美術・音楽・文学などあらゆる芸術分野において、自国独自のカラーを持つ、「フランス風」の芸術の興隆を目指す人たちによって、ドイツ語圏に負けない才能を輩出しました。

   クラシックのレパートリーにおいても、「フランス近代の音楽」と表現されるこの時期の音楽は、ドビュッシー、ラヴェルを筆頭とする作曲家によって、今でもクラシック音楽の主要なレパートリーとされる作品がたくさん生み出されました。

1曲あたりわずか2分程度

   そんな芸術的最盛期を迎えていたフランスに、フルメリーはやってきて、おそらく、かなり影響されたのでしょう、今日取り上げた「フルート、弦楽とハープのための田園組曲」もかなりフランス風な響きを持っています。

   全体は、5つの曲からなり、前奏曲・ガヴォット・サラバンド・シチリアーノ・フィナーレとなっています。タイトルだけ見ると、バロック時代に流行った、舞曲を並べた「舞曲組曲」のスタイルを意識して作られていますが、その響きは非常に近代的で斬新で、「新しいのに懐かしい」雰囲気を持っています。

   もともとこの曲は、近代になってオーケストラの楽器から独立して独奏楽器となったフルートを主役として書かれています。J.Pランパルなどの偉大なフルーティストを輩出したフランスはフルートが主役となる作品が多く生み出される「フルート・レパートリー先進国」で、そういった意味でも、フルメリーのこの曲は、どこか「フランス風」です。

   初稿はフルートをソロに、ピアノを伴奏として書かれていましたが、後に、彼は伴奏部分を弦楽オーケストラとハープの編成に書き直しました。すると、より一層、「広がる田園風景」が見えるほどのゆったりしたサウンドになり、大変人気が出ました。ちょっとした「フルート協奏的組曲」と考えてもよい弦楽伴奏版は、ピアノ版よりも演奏されることが多くなっています。

   組曲、といっても1曲あたりの演奏時間はわずか2分程度、全部合わせても12分に満たない、かわいらしい「組曲」です。夏のリラックスしたお休みの時期にゆったりと聴くのに、大変おすすめの1曲です。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中