うるおい肌の源「ラメラ構造 」って? ラメラのケアで乾燥知らずの「健康肌」へ!

印刷
乾燥肌に悩んでない?
乾燥肌に悩んでない?

   毎日お風呂に入り、清潔にして保湿もしているのになぜか肌が乾燥してしまう――。こんな悩みはないだろうか。

   肌のうるおいを守っているのは、肌の最も外側にある0.02ミリメートルの角質層という部分だ。この角質層は、角層細胞と細胞間脂質からできている。細胞間脂質は「ラメラ構造」と呼ばれる、水分と油分が交互に重なった構造になっており、体内の水分が蒸発するのを防ぐ働きをしている。

ラメラの構造
ラメラの構造

   ほぼ全身の肌は「ラメラ構造」をとっているため、ラメラ構造が乱れると、多くの女性を悩ませている「肌の乾燥」を起こしてしまう。

   肌の乾燥を防ぐためには、ラメラ構造を守り、うるおいを保つスキンケア、すなわち「ラメラケア」を意識することが重要だ。

根本から肌を守る「ラメラケア」が大事
根本から肌を守る「ラメラケア」が大事

1週間使用後の表皮水分量をアップ

   美容・ケア用品などを数多く開発しているクラシエは、これまでのボディソープの洗浄成分がラメラ構造に入り込み、構造を乱していたことを発見し、うるおいの根源であるラメラを壊さないクラシエの新技術「ラメランステクノロジー」を開発した。

   試用直後の水分蒸散量を抑え、1週間使用後の表皮水分量をアップさせる効果があり、お風呂上がりにも乾燥せず、本来のみずみずしい肌を取り戻すことを可能にする。

   この「ラメランステクノロジー」を応用したのが、クラシエが発売する、次世代ボディウォッシュ「Lamellance(ラメランス)」だ。

   「ラメランステクノロジー」に加え、ラメラ構造に侵入しない最適な洗浄成分「ラメラプロテクト洗浄成分」で、「ラメラ」を守りながら濃密な泡でやさしく洗い上げる。

従来のボディソープの思わぬ盲点
従来のボディソープの思わぬ盲点
「ラメランス」で肌の水分を保持
「ラメランス」で肌の水分を保持
肌のうるおいを根本から守るクラシエの新商品
肌のうるおいを根本から守るクラシエの新商品

   新開発の商品を試用したユーザーからは

「初めてボディソープに期待した」
「このしっとり感は、もう手放せないと思った」
「肌の内側からみずみずしくなる感じ」
「お風呂上がりのボディケアがいらないと思った」

といった好評を受けている。

   今回発売となるラメランスのボディウォッシュは、みずみずしい花々の洗練した香りが特長の「アクアティックホワイトフローラル」と、優雅に咲き誇る華やかなローズが香る「プレシャスローズブーケ」の2種。

   ともに内容量は480ミリリットル(積替用は360ミリリットル)。

   発売は、2017年9月13日。価格はオープン価格。

   詳細は公式サイトにて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中