インスタ映えで即最終面接へ インテリア企業がSNS時代に合わせた採用法

印刷

   インスタがおしゃれなら、最終面接へ――。大熊工業(東京都西東京市)のインテリア事業部「KAJA」が、こんな珍しい採用手段を採っている。一体、なぜ?

  • インスタの写真を送るだけ
    インスタの写真を送るだけ
  • インスタの写真を送るだけ
    インスタの写真を送るだけ

履歴書や職務経歴書から見えない個性も...

   KAJAは2017年8月4日、「インスタグラムの投稿画面をポートフォリオ代わりとする『インスタ書類面接』を実施。おしゃれでセンスのあるスタッフを募集しています」と発表した。インスタ書類面接で就活生に求められるのは、自身のインスタグラムのアカウントをスクリーンショットに収め、メールで写真を送るだけ。画面が採用側から評価されれば、いきなり最終面接へ進めるのだという。

   J-CASTトレンド編集部が2017年8月11日、同社に話を聞いてみると、採用担当者はインスタ書類面接の狙いについて、

「インスタグラムでどういう『画』を切り取っているかで、人となりや、何に興味があるのか...といった履歴書や職務経歴書から見えない個性も分かるだろうと思いました」

と述べた。

   「リゾートのように暮らそう。」。KAJAはこのコンセプトで、アジアン家具や雑貨の販売、インテリアのコーディネート事業を手がけている。「家具を売る仕事において、センスの良さは欠かせないもの。ですが、履歴書や面接だけではセンスはわかりません」。同社はプレスリリースで、インスタ最終面接についてこうも説明していた。

   ただ、あくまでもインスタ最終面接は「特殊採用」。書類審査で履歴書と職務経歴書を提出し、1次面接と最終面接、あるいは最終面接を受ける採用過程もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中