手持ちの品物現金化「CASH」再開 2時間で1日の準備金額上限到達

印刷

   2か月前に「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わる」というキャッチを掲げてスタートしながら、わずか16時間で稼働停止に追い込まれた買取アプリ「CASH」による現金化サービスが2017年8月24日、取引を再開した。

   同サービスは、開始前からキャッチでうたうコンセプトが評判になり、6月28日のスタート時から利用者が殺到。「想像を遥かに超えたサービス利用」によりダウンを余儀なくされていた。

  • プレスリリースより
    プレスリリースより
  • プレスリリースより
    プレスリリースより

1日弱で3億6000万円が現金化

   「CASH」の仕組みはこうだ。まず利用者は、ブランド品や宝飾品など、自らの現金化した品物をスマホで撮影し、アプリを通じて送信する。すると、自動的に「査定」が行われ、ただちに金額が表示される。そのお金は、指定した口座への振り込みやコンビニ支払いなどで受け取れる。

   品物は、2か月以内に発送しなければならない。気が変わるなどして手放したくなくなった場合、15%の「キャンセル料」をプラスした額を、やはり2か月以内に同社に返金する。

   6月のスタート時、アプリが公開されると16時間34分の間に約7万2000アイテムが現金化され、総額はおよそ3億6000万円にものぼった。

   運営企業のバンク(東京都渋谷区)は、

「私たちの想像を遥かに超えたサービス利用が本日ございました為、一時的にアイテムのキャッシュ機能のご利用に制限を掛けさせていただきました」

と公開翌日に発表し、しばらくは利用できない状態が続いていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中