2021年 1月 18日 (月)

石原裕次郎記念館、閉館へ 昭和のスターたちの足跡をたどる

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

役者になって60余年。今も現役の名優がこれまでの作品を振り返る

trend_20170828121443.jpg

   昭和20年代から30年代を中心に、日本映画の黄金時代と呼ばれた頃デビューした仲代達矢さん。『仲代達矢が語る 日本映画黄金時代』(著者:春日太一 PHP研究所 842円)では、俳優座養成所でのこと、小林正樹さん、岡本喜八さん、黒澤明さんら名監督との出会い、高峰秀子さん、原節子さん、勝新太郎さんといった有名俳優との仕事などを回想。映画会社の専属にならず、当時としては珍しいフリーの立場を貫き、1年の半分を映画、残りの半分は舞台を続け、今も第一線で活躍し続ける仲代さんの貴重な話が綴られている。

   「俳優デビューと『人間の條件』」「今日との撮影所と時代劇-『炎上』『鍵』『股旅三人やくざ』『切腹』」「前衛、左翼、俳優座」「黒澤明と勝新太郎-『影武者』『乱』」など全9章。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!