耳型採取不要のユニバーサルタイプ 装着感と音質を両立したイヤホン「FitEar Universal」

印刷

   補聴器および音響機器などを手がける須山歯研(千葉市)は、イヤホン「FitEar Universal」を2017年8月30日に発売する。

  • プロの現場で培われた端正な音質を手軽に
    プロの現場で培われた端正な音質を手軽に

カスタムIEM「FitEar Custom」ベース

   7月発売のカスタム・イン・イヤー・モニター「FitEar Custom」がベースで、耳型採取が不要のユニバーサルタイプモデル。

   外耳道への干渉を抑えつつ「FitEar Custom」の「ミドルレッグシェル」同様の音導孔開放位置を得られるよう設計した新開発の「オーバルホーンステム」を採用し、装着時の痛みや違和感を抑える。

   また音導孔開放部のホーン形状により高域減衰を抑え、カスタム設計時に想定した本来の遮蔽性と音質バランスを実現。アーティストやエンジニアなどプロフェッショナルユーザーからのフィードバックにより培われた、不要な強調のない端正な音質を手軽に楽しめるという。

   コネクター形状は3.5ミリステレオミニプラグ。セミハードケース、ケーブルクリップ、クリーニングブラシ、サイズや形状の異なる4種類のイヤーチップが付属する。

   価格はオープン。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中