2019年 12月 16日 (月)

和楽器バンド、21世紀の和洋を生で
伝統守るだけでは本家は超えられない

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

メンバー8人全員が曲を書く

   和楽器バンドはメンバー8人全員が曲を書くというソングライターの集団でもある。6日発売の初めてのシングル「雨のち感情論」は、作詞作曲が鈴華ゆう子、もう一曲の「月に叫ぶ夜」は黒流の作詞作曲。前者は、90年代の歌謡ポップス。後者は、スクラッチノイズから始まる壮大なヘビーメタル。間奏は、和楽器とドラムベースが不協和音を奏でながらバトンタッチしてゆくようなスリリングな演奏が聴ける。「全く違う世界で楽しんでもらえるようにという二曲です」(鈴華ゆう子)。

   和楽器バンドは、すでに武道館や東京体育館などの大会場を成功させている。海外のツアーもアメリカやアジアを回った。一枚目の「ボカロ三昧」の中の「千本桜」は、YOU TUBEでの再生回数が約6000万回。海外からの反応も多い。ボカロ、つまり、コンピューターを使った架空のアイドルのことだ。和楽器バンドのメンバーの中にはボカロのヒット曲を書いている作曲家もいる。

   「一枚目をボカロ曲のカバーにしたのは、ボカロに和の要素が入ったものが多いことに気づいたからですね。ボカロは世界の人が注目してますし注目度も高い。"演奏してみました""歌ってみました"というサイトもあって、そこで演奏を知ったメンバーもいます」(鈴華ゆう子)

   ロックや演歌、洋楽や邦楽。音楽がジャンルで語ることが当たり前になっている。でも、その様々な要素が混在するのが日本の大衆音楽だろう。黒流は、こんな話をした。

「一人で和楽器奏者をやるようになって、伝統は大事だけど、それを守る、ということだけでも違うのかなと。伝承に意味はありますけど、それだけでは本家は超えられない。それに甘えるとコピーになってしまう。何年も何十年も稽古したから気づいた。失敗するわけにはいかない。これから新しい事をやろうとしている若い人達に対しての責任があると思ってます」

   

   和楽器とロックバンドとボカロ。これが21世紀なのかもしれない。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!